スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『トリコロMW-1056』特装版 感想

 2008-03-17
 色々と話題になった『トリコロMW-1056』特装版。
 砂漠ヒロさんのリクエストもあり(笑)、感想などを記してみました。 
 読み進めるのが難解な作品ではありますが、何度か読み返すうちに、
この作品が多くのファンを生んだ理由が何となく分かった気がしました。
 にぎやかさや温かさを感じさせながらも、どことなく全体を流れる静かで冷えた感じが、
従来の4コママンガには無かったと思われる斬新さを、読者に見せ付けたからではないかと思っています。

 強いて言えば、きゆづきさとこ先生の作品(特に『棺担ぎのクロ。懐中旅話』の方)とも、
雰囲気的には重なる部分があるようにも感じます。
 笑いをとる事を重視するというよりは、作品世界全体に浸ってもらう事に重きを置いている
と言えばよいでしょうか。
 もちろんちゃんと笑えるお話が多いのですが……

 抽象的な表現ばかりで分かりにくいでしょうから、もう少し詳しく述べます。
 「にぎやかさや温かさ」については、読まれている方ははっきり分かっていると思います。
 4人の女子高生と、気持ちは若い(笑)女性に加え、一羽の鳩たちによる会話や出来事の多くは、笑いを伴うものでありますから、必然的ににぎやかになりますし、
彼女たちの仲の良さは、温かさを感じさせるに足るものではないでしょうか。

 問題は「静かで冷えた感じ」についてです。
 実はこれらについて、うまく語れないんですよ。何となく感じられる、という程度なのです。
 絵柄から感じられるとすれば、細めでざらついた感触の描線のせいかもしれません。
 作者の風景や物の描写に対するこだわりを感じるからかもしれません。
 極端な事をいえば、お話や人物を描くことよりも、それらをメインに描きたいのでは、
とも思ってしまうほどです。さすがにそれはないでしょうけど。
 描かれている背景を見て、人物の背後にある記号的な存在ではなく、
なにかしらの存在感を示すように感じました。

 そうした事とともからめて更に記すなら、映画やドラマを観ている感じでもあります。
 単に風景や物が描きこまれているから、というだけではなくて、見せ方も含めて。
 あいにく私はあまり映画などを見ませんし、映像・演出について語れるほどの知識は
ないのですが、描かれている物からはそうしたセンスを感じましたね。
 (うまく語れないのがなんとももどかしいです)

 ここからは、読んで感じた事を箇条書きで。
・カラー1ページ目を見て、「これは何を意味するの?」と思っていたら、
カラー4ページ目でなるほど、と納得。でもエビのしっぽの数が合ってない(笑)。
丁寧に描かれた皿の模様に、物を描く事に対する作者のこだわりを感じたり。
・(P9左)タイトルと中身の関連が分からない。「117」ときて思い浮かぶのは時報ですが。
・(P10左)にわちゃん、よほど好きなんですね。八重が。
・(P11右)暗闇でこれを間近で見たら、ねえ(笑)。
・(P17左)やせるためならどんな手段も辞さない覚悟ですか。
・(P19右)やはりにわちゃん、よほど(以下略)。
・(P23右)お母さん、気持ちは若いですね(笑)。
・(P25左)マキちー、そんなにふてくされないでw
・(P46左)ある意味バイオテロ。
・(P66左)縁の下の柱にしいたけはまずいでしょうw
・(P71右)どんな問題なのか気になります。
・(P74右)どうして先生は本を貸したのかが私も分かりません。
・(P91)その歳でセーラー服はきついかもしれません。いろんな意味で。
・(P101左)もうおなかいっぱいですw
・(P115左)幸江さん、何を頑張ったんですか?(笑)
・(P133左)マキちー、泣いてもいいですよ。
・(P143左)マキちー可哀想(笑)。
・(P146左)律儀な八重ちゃんでした。

 他にもいろいろと笑いどころなどはありましたが、厳選したものをお送りしました(笑)。

 付属の冊子はまだ途中までしか読んでないので、今回は無しという事で。
 でも作品によっては、かなり絵柄違いますね。
 初出データが無いのが残念ですけど(見落としているだけ?)。

 ここでちょっとお知らせ。
 私事で恐縮ですが、これからしばらくの間(といっても数週間ほど)更新が難しくなりそうです。
 読んでいながら感想を書いていない雑誌や単行本もあるので、ニンともカンとも、ですが生暖かくお待ち下さい。
関連記事
カテゴリ :本・マンガ トラックバック(-) コメント(2)
コメント
リクエストに答えて頂いてありがとうございます(笑)
トリコロは背景や物が緻密に描いてありますよね。
それが読者をより世界に引きずり込む、そんな感じがします。
なんというか背景自体が生きている、みたいな。ホントに難解ですわ(笑)

次回の更新まで、楽しみに過去の記事を読んで待っています。
【2008/03/18 23:57】 | 砂漠ヒロ #CflJ4uW2 | [edit]
砂漠ヒロさん、どうもです。
初めて読むトリコロ、必死になって
リクエストに応えてみましたw
無理に読み解こうとしなければ、普通に楽しめるんですけどね。
笑えるところも多々ありますし。

>背景自体が生きている

いい表現ですね。パクらせてもらいます(笑)。
単行本収録以降の号に載っていた回を読んで、
とてもそういう印象を受けたものでして。

本当は今更新したいですが、こんな時間ですしw
上手く隙を見てどうにかしたいですね(なるのだろうか?)
【2008/03/19 06:59】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。