スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』’08・4月号感想

 2008-02-28
『スーパーメイドちるみさん』(師走冬子先生)
・扉絵
 ひな壇に飾るひしもちと同化するちるみさん。ところでひしもちは美味しいのでしょうか(関係ない)。
・3本目
 ちふゆさんの「ちるみには私から」という言葉は、プレゼントかと思いますよね。
 実際はプレゼントどころか脅迫に近い命令でした。怖い、怖いですよ。ちふゆさん!
・4本目
 ひなあられを節分の豆に見立てて健に投げつける詩歌ですけど、もし健でなくて大樹だったら、ちふゆさんも加勢していたのでしょうか(笑)。
・5本目
 健をとられまいと必死になる花梨でしたけど、ちふゆさんの無言の圧力にはかなうはずもなく(笑)。やっぱりちふゆさん怖いですw
・6本目
 健と花梨が作ったひな人形を見て、遠慮がちに作った人形を隠してしまう詩歌が何だか可愛らしくもあり、いじらしくもあります。
 せっかくのいい話も、ちふゆさんの提案ときたら(笑)。健を女の子にして三人官女にってw
・7本目
 小さくて可愛い物好きのちふゆさんには、健たち3人の姿を見るのはまさに眼福。
本当に幸せそうです。ちるみさんも呆れるくらいにw
・8本目
 無邪気に花梨にくっつく詩歌さまが可愛らしいです。「ぺと」という擬音もまたよろし。
・9本目
 3コマ目の花梨の表情も怖いですw その表情を瞬時に変えられるところもまたすごいです(笑)。
・11本目
 初めて明かされる、ちふゆさんが詩歌さまと一緒にいられる時間のこと。
 詩歌が話せるようになるまで、とのことですが必ずしもちふゆさんにとっては悲しい事ではないみたいです。
 というのも、膨大なまでの詩歌に話してほしい言葉リストがあるのですから(笑)。
 その中にはちふゆさんの名前も当然含まれていますw
・12本目
 すっかり花梨になついてしまった詩歌様を見たちふゆさんが、花梨にかける言葉も怖いですが、その表情も怖いです。眼力強すぎです、この方(笑)。
・13本目
 ご主人様である音也先生のちふゆさんへの言葉は、遠まわしのプロポーズ?
 詩歌様ラブのちふゆさんには全く届いてませんけど(笑)。
 ストーカーになってまで、詩歌様のそばにいたいのですかw
・15本目
 ちふゆさんの命令と人形を守れたのはいいのですけど、犠牲になったのは大樹(笑)。
 最後にやっと出てきたと思ったら何ておいしい……もとい、可哀想な役どころでしょうw

『なないろレシピ』(野広美由先生)
・4本目
 菜々先生が提案する料理の仕上げは、新婚さん限定ですかね。乙女チックな先生にほれました(笑)。
・5本目
 着ぐるみで料理するのは至難の業だと思います(笑)。
 手がドラえもんみたいにまん丸ですからw
・7、8本目
 先生を過保護なまでに面倒見すぎな爺が愉快というか、哀れというか。
 必死に低コスト料理を作っている間に、先生たちはいなくなってます(笑)。

『なでしこ3on3』(秋吉由美子先生)
・1本目
 鞠子と玉緒さんがなにやら言い争い。一体理由は……?
・2本目
 二人のいい争いにも我関せずなみかごさん。鞠子の弟が注意する相手は二人にではなく、みかごさんだったのですね(笑)。
・4本目
 ずっと鞠子のターン!(笑)。話がどんどんずれてますよw
・5本目
 せっかく弟が気遣って言わなかった事を、あっさり言う玉緒さん。自粛した意味が無い(笑)。
・6本目
 はっきり言われてなきながら去っていった姉の鞠子。険悪な空気が漂う場で戸惑う弟の雄大ですが、戸惑っていたのは遅く帰宅した理由を釈明してもらえないからでした(笑)。
 結局は自分のためですかw
・9本目
 顔を合わせなくなった鞠子と玉緒、そんな二人に我関せずなみかご。
 バラバラになってしまった3人を見て、哲兄が心配する事は、試合申し込みの女子に会えなくなることだなんて(笑)。こちらも自分のことだけですかw
・10、11本目
 二人が口論した理由は、チームのためはチームのためでも、チーム名とその発音が問題でした。
 そんなことでもめないで下さい(笑)。心配した男性陣も呆れるはずですw

『千秋ツーフェイス』(柳田直和先生)
・1本目
 外面の千秋さんしか知らない人には、千秋さんのマッサージは夢みたいでしょうけど、
実際には足でですからね。しかも靴下に穴が開いてますし(笑)。
・2本目
 春先のくしゃみや鼻水は風邪か花粉症かで悩むようですが、どちらにしても嫌ですね。
 この場合の千秋さんの判断は間違っていたのですが。花粉からは二人を守れても、風邪のウイルスは充満するわけですしw
・4本目
 一つのチョコで6倍返しですか(笑)。ダンナさんも大変ですw
・7本目
 せっかく個別にリップを買っても、お互いに間接キス目的で相手のを使っていては意味無いですね(笑)。
・9本目
 ちょっとしたファンタジー。切り倒された桜の木も、心を込めて供養されたら嬉しいでしょう。

『きらきら、てくてく。』(笹野ちはる先生)
・1本目 
 和也に対して後ろめたさを抱いたままぼんやり歩く忍さんですが、本人と偶然会ってしまいます。
 思わず逃げ出す忍さんをつかまえたのはいいですが、カバンのひもが取れてしまいましたw
・2本目
 携帯の電源を切ってまで、和也と話すのを避けていた忍さん。でも過去が過去だけに止められたと思われるのも無理ないですね。
・3本目
 忍さんは考えすぎて何も出来なくなるけれど、和也くんはあまり深く考えない。
 年齢のせいもあるでしょうけど、元からの性格のせいもあるかもしれません。
 重い事をあっさり言われて忍さんは落ち込んでますけど(笑)。
・4~6本目
 和也からの衝撃発言。「友達っての…やめたい!!」と和也が言う意味を、忍さんは理解できなかったのですけど……これも仕方ないでしょうね。
 まさか10歳以上も年下の人から思われているなんて、考えもしなかったでしょうし。
 真っ白になる忍さん、しっかりして!(笑)
・7~9本目
 珍しくミスする店長の原因を、ズバリ言い当てるなつさん。
 かる~く店長の大人気なさを責めつつも(笑)、しっかりアドバイスしてますが、
店長はかえって仕事に身が入らなくなったみたいです(笑)。
・10、11本目
 店長も忍さんも、自分の本当の気持ちが分からないみたいです。
 分からないというか、気付こうとしないというか……。
 はっきりと問われる事で、初めて自分の本当の気持ちを探ろうとしてますね。
 一時的には闇の中をさまよう事になるのでしょうが、いずれ明らかになるとは思います。
 というか、明らかになるでしょう。

『はっぴぃママレード。』(北条晶先生)
・1本目
 いくら半額だからと言っても、買いすぎては全然お得ではないです(笑)。
・2本目
 だれがうまいことを言えと(笑)。
 それにしてもさなえさん、太りすぎです(笑)。
・3本目
 やせるの早過ぎです(笑)。さすがマンガw
・4本目
 全校規模でお花見。スケール大き過ぎです。二人して途方に暮れる姿に笑いました。
・5本目
 悩みを解決するべく、父参上!でも学校につけてもらってのピザ600人分の予約はひどいですw
・7、8本目
 数限りあるさなえさんお手製弁当のため、吉村先生が考えたのは早苗さんに関するクイズ。
 でも胸囲だとか体重だとか、知られたくない事を問題にするのはどうかと思います。
 盛り上がるでしょうけど(笑)。
・11本目
 男子生徒のもやもやを晴らすべく、吉村先生ハッスルですw 全校放送使ってまでクイズの続きをしなくてもw

『えすぴー都見参!』(岬下部せすな先生)
・1本目
 ハチミツ入れすぎです、都ちゃん(笑)。それを美味しそうに飲むのもまたすごいw
・2本目
 昼寝や散歩が趣味の社長がいてもいい。直人ならやってくれそうです。
・6本目
 メイドさんたちは休日でも外出は控えめ。厳しい眼で喫茶店の食器の洗い具合や、ケーキの焼き具合を知らず知らずのうちにチェックしているのですから。
 これではリラックスできません。
・8本目
 花粉症にはヨーグルトが良いのでしょうか。食べすぎも体に良くない気もしますw
・9本目
 SPたちよりもメイドさんたちのほうが強いのは、ある意味お約束なのでしょうか。
 ダイエットのためなら物すごい頑張りようですw

『ゆたんぽさんのとなり』(吉谷やしよ先生)
・2本目
 谷川岳の清水のお湯って(笑)。さすがお嬢様。
 本物の湯たんぽを目にして、自分の愛称の由来を問いかけるあたりが微笑ましいです
・7本目
 犬のポンくんの脅威の力が、今明らかに。「集めた食べ物の8割」が兄弟のものになっているなんて。つまりポンくんは食べずに溜め込んでいるのでしょうが、どうやって(笑)。
・9本目
 これは虚しい(笑)。いざカップめんにお湯を入れようとしたら、お湯切れだなんてw

『24時間サンシャイン!』(吉川景都先生)
 何だかいつもと描線が異なって、すっきりした印象があるのですが、気のせい?
・1本目
 好きな人が出来た永子ちゃん。マスカラを持ってないからといってペンで直に描かないで下さい(笑)。
・5本目
 お経を愛聴していたのもすごいですが、「情熱的に和太鼓」に変えたのですね。
 お経よりはいいかもしれませんがw
・7本目
 メッセージに書く文字を気にする永子ちゃん。かわいくないのではなく、あまりにも達筆すぎます。代わりに新聞などの活字を切り貼りしなくても(笑)。
 しかも文字の区切りがおかしいですし(笑)。
・11本目
 いろいろあって、無事お友達になれたそうですが、相手も霊感少年だったとは。
 類は類を呼ぶ(笑)。

【ゲスト】『勤労オトメ手帖』(遠山曜先生)
・1本目
 バイトを選ぶ理由も人それぞれ。るいさんのぶっちゃけぶりが愉快です(笑)。
・2本目
 自分のお店の品ではなく、隣のラーメン屋さんをオススメされても(笑)。
・6本目
 店長を母と間違えた茉芽子さんですが、謝った相手は店長ではなくて母なのですね(笑)。
・7本目
 いくらスマイルが0円だからとはいえ、微妙な笑顔は勘弁してくださいw
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/150-0ef44806
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。