スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムラブリー』’08・2月号感想

 2008-01-16
『Welcome!つぼみ園』(おーはしるい先生)
 節分がテーマ。
・1、2本目
 投げる方にしても、鬼の役にしても、練習をするなんて熱心なのかどうなのかw
・3本目
 東馬先生、ナルシストなのは分かりましたからw
 櫻子先生の突っ込みも容赦ないですw
・5本目
 園児の素朴な疑問。一応豆をまく理由(由来)はあるのですけど、それでも食べ物を使うことの疑問には答えられないかな。
 「そういうもの」だと分かってもらうには時間がかかりそうです。
・6本目
 ことみ先生の不器用さも追い払ってもらいなさいよw
・7本目
 どこの世界に本気で豆をぶつける人がいるのですかw そんな人と結婚しない方がいいのに(笑)。
・8本目
 ほとんどなまはげの域に達してますw 子どもを本気で怖がらせる点では。
・12本目
 ことみ先生作の「おにのお面」ですか(笑)。出来は如何にw
・14本目
 理想が高そうな櫻子先生には、もうしばらく福は来そうにないですねw
・15本目
 やっぱりw 一目で分かる出来ですから。一緒に豆まきが出来てよかったではないですか。

『パニくりぐらし☆』(藤凪かおる先生)
・1本目
 思わせぶりな楠君の言葉ですが、彼にとっては給料日以外の日にちは、眼中になさそうですw
・2本目
 バイトといっても、普段からしていることではないでしょうかw
 「福の散歩 無料」ってw もう少しお金とってもいいのではw
・3本目
 長瀬さん、どう見てもツンデレですねw
 「ある訳ないじゃない」と思いながらも探してますし。6件も(笑)。
・4、5本目
 どう見ても、楠君がチョコをもらっているようにしか見えませんね。長瀬さんは渡す機会をうかがっていたからでしょうけど。
 次第に怒りが湧くのも分かる気がします。しかしタイトルの「シンジラレナーイ!」はどこのヒルマン監督ですかw 微妙に古いですしw
・6本目
 一人蚊帳の外の楠くん。福までもらったというのに……w
・7~9本目
 更にタイミングの悪いところに居合わせた長瀬さんです。
 楠君と女性社員とのやり取りも、また意味深長ですし。
 怒り心頭に発した長瀬さん、楠君を呼び捨てにしてます(笑)。

 楠君はチョコをもらっていたのではなく、作って渡していた事が判明したのですけど、
そうなると少し疑問なところも。
 長瀬さんは何度も「現場」を目撃しているのですけど、「楠君が渡している」場面を一度も見ていないというのは、不自然な気がしないでもありません。
 全て楠君がチョコを「受け取っている」ように見えたというのはどうでしょう。
 
 それはさておき、渡すばかりで一つももらっていなかった楠くん。
 福も一緒になって顔を背け、淋しいオーラが漂いまくってます(笑)。
 長瀬さんが渡すつもりだったチョコは、すでに長瀬さんがいただいてますしw

・10、11本目
 チョコの代わりに鍋料理を作って振舞う長瀬さん。相手を思う気持ちがあれば、多少時期を過ぎようが、チョコでなくてもいいのです。
 
 情けは人のためならず。人のために作っていたチョコが、実は楠君にとって「想いが叶うチョコレート」となっていたのですから。
 その想いとは、無事給料日まで過ごせる事だったのですけどw
 
『天使な小悪魔』(芳原のぞみ先生)
・1本目
 おなじ「いっぱい」という言葉でも、使う人によってまるで意味が変わるとは(笑)。
 女の子ならメルヘン、ファンシーでも、ホステスとなると切迫感が漂いますw
・2本目
 ママさんも商売上手です。一人100枚チョコを配るノルマですから。配りきれるのでしょうかw
・3本目
 バレンタインチョコにかける金額などで分かるという、渡す相手への本命度。
 マリリンの場合は、本気度100%を超えて200%は行ってそうです(笑)。
・5本目
 万札で作られたバラって(笑)。しかも200本(笑)。もてるホストはちがいますw
・6本目
 バレンタインデーの日本独自の風習に対して文句を言うなら、華園へ行かなければいいのに、カイトくんw
・7本目
 確かに義理「チョコ」ではないです。梅干ですから(笑)。
 甘いのに飽きたからだろうという気配りは良かったのですけどw
・8本目
 叶わないであろう想いを抱えた二人。思うことも、ため息をつくタイミングもおなじとは。
・9本目
 カイトくん、せっかくチョコをもらったのに、その言葉は無いですw
・10本目
 酔って眠っている間に、作ったチョコを意外な形で想っている人から褒められたマリリン。
 その現場を見ていなかったのは残念というか。
 同じもの同士のはずが、取り残される形になったカイトが、事情を知らないマリリンに八つ当たりするのも仕方ないかもしれません。頑張れ、カイトw

【ゲスト】『ポンチョ。』(南京ぐれ子先生)
・1本目
 初志貫徹ならずw お茶に合う物を買わずにみかんですかw しかも箱買い。
・2本目
 彼氏用のお茶は玉露。好待遇ですね。
・3本目
 せっかくの暖かいコタツなのに、入れないなんて意味無いですw トメ吉でかいなw
・5本目
 みかんは柔らかい方が一般的には甘いですよね。場合によっては水っぽいこともありますけど。
・7本目
 みかんの皮のむき方もそれぞれあるようです。私はへたからむきますけど。
 でも上級者向けのむき方なのかな?ポンちゃんは力入れすぎて、みかんの汁飛ばしてますw
・8本目
 何事も食べすぎは良くないですけど、ポンちゃんは手を黄色にしたいのでしょうかw
・10本目
 ケーキ作りかけの現場保存w
・11本目
 お姉ちゃんのために、二人が作ったケーキ。感激するのも分かりますけど、みかんを丸ごと乗っけるというのはどうかと思いますw

『スタミナ天使』(山田まりお先生)
 しばらく諭吉たちの貧乏生活編が続いていましたが、変化がありそうです?
・1本目
 突っ込み所が随所にありますけれど(笑)。監視しすぎではないでしょうか(笑)。
 冷凍庫の霜をなめたら、舌がくっついて取れなくなると思うのですけどw
・2本目
 自分の息子の映像をスクリーンセイバーにしたいほど溺愛しているなら、早く連絡とって助けなさいよw
・3本目
 天河も呆れ果てるほどのおばかさんな諭吉の父ですw ウンモ星人ってw
・4本目
 ちょうどいいところで邪魔が入るのはお約束w たとえ報告内容が吉報であってもw
・7本目
 のんきに涙流している場合ではないですw パパもせんべい食べながら見ないw
・10本目
 冷凍庫の霜をけずって弁当代わり……水も止められているのでしょうか。
・11本目
 天河、発想が危険ですw あっちの松茸ってw パパも銃で撃たなくてもw
・14本目
 高いところから落ちて、意識を失った諭吉。気が付けば父に見守られてベッドの上。
 やっと再会を果たせたのですけど、天河から告げられた真相を聞けば、諭吉も穏やかではいられるはずもなく。怒っていいですよw

『ヒーロー警報!』(トノ・アンナ先生)
・1本目
 さすが元ヒーローのJ。真冬でもタンクトップw
・2本目
 でも風邪は引くようですw
・3本目
 現場の同僚が気遣って上着を貸してくれたのに、それを着たら風邪ですかw
 どんな体なんですかw
・4~6本目
 ヒーローともなると、くしゃみの威力も半端ではないw  見事な3段オチですw
・10本目
 即席ラーメンでも、一応は料理ですから(多分)。 Jにとっては、あんずさんが作ってくれたものは何でも嬉しいのかもしれません。
・11本目
 普段薬を飲まないからでしょうね。効き目が強いのは。
 心配のあまり、徹夜する羽目になったHくんが可哀想です。風邪引きませんでしたか?w

『Spring!!』(小池恵子先生)
・1本目
 珍しく悩んでいるように見える春日さんです。
・3本目
 当事者は気づいてなくても、周りが気づくという、ある意味不思議な現象。そういうこともあるのでしょうか。
・4本目
 8コマまとめて一本。
 避けるべき話題に限らず、してはいけないことは記憶に残りがちですよね。
 するべき話題の方を教えてもらう方が、もっと役立つと思うのですけど。
 周囲の人達も気まずそうですw
・5本目
 これも8コマで一本。
 国分寺さん、一見自然そうに見えますが、結構焦っているみたいです。
 ますます悩む春日さんに後悔に沈む国分寺さん。これまた気まずいw
 せっかく見つけた話題(マイナスの)も、取引先の国分寺さんがらみとなると、言えるはずもないですし。さらに気まずい周囲の人達w
・6本目
 これも(以下略)
 無難と思えた話題も、相手が苦手だったりすると、これまた気まずいです。
 しかし「ポテトチップは上あごにささるから苦手だなあ」ですか、国分寺さん。
 この発言にショックを受けつつも、表向きは平静を装い普通に話し続ける春日さんですけど、このことにより自分がポテチ好きであることを自覚する事に。
 そんなに大げさに驚くことなのかは疑問ですけどね(笑)。
・7本目
 「ちょっと」つもりの世間話も、かなり苦労していたみたいですが(笑)。
 周りの人達の疑問は深まるばかりでしたw
・8本目
 国分寺さん、しっかりしてますねw 何気ない世間話から春日さんの好みを見抜くとは。
 餌付け計画は上手くいくのでしょうか。

『レモネード』(しおやてるこ先生)
 比較的穏やかに過ぎた感じの前回と比べると、再びお話に動きのある回になってます。

 あこがれのケータ先輩に渡す合格祈願のお守りを、不器用ながらも一所懸命作るマキ。
 完成した時の表情は本当に嬉しそう。
 一方、マキの友人ヨーコは浮かない表情。マキが自分から離れてゆく事を恐れる気持ちは消える事がないまま。
 トイレに行くと言って席を離れますが、先の気持ちがもたらすプレッシャーに耐えかねたせいもあるかもしれません。

 場面は変わり、ヨーコが所属する手芸部の部長、ナオミ先輩に手作りのお守りを渡す、ヨーコとピカリ。
 ナオミ先輩が部活を引退する事が淋しくて仕方ないピカリは、つい涙ぐんでしまいます。
 それはピカリが、本当にナオミ先輩が好きだから。慕っているから。
 つられて涙を流すナオミ先輩とピカリの姿を見て、マキがケータ先輩に告白する事を考えるヨーコですが、この時のヨーコの表情はどんなものだったのでしょう。
 やはり浮かない顔をしていたのでしょうか。

 更に場面は変わり、ケータ先輩にお守りを渡し、告白しようと待ち構えるマキ。
 そこへ近づくケータとメガネ先輩の前に現れ、意を決して声をかけるも、ケータは忘れ物をとりにその場を去ってしまいます。
 これはやはり、告白される事を察したケータが逃げたと私は見ますが、いかがでしょう。
 もっと言えば、マキの告白に応える気持ちが無いので、極力マキに恥をかかせないように、メガネ先輩がいなくなった頃を見計らって、再び現れた所で自分の気持ちをマキに伝えるつもりだったのかもしれません。

 二人きりになったマキとメガネ先輩ですが、ここにおける彼は実に大人の対応をしていますね。
 お守りを渡された彼は、マキからの告白を期待していたようですが、そのことは口には出さず、感謝の言葉と共に受け取ります。
 更には、ケータにお守りを渡して欲しいと頼まれるも、気を利かせて「自分で渡しなよ」と言い、ケータと二人きりになれるように自分はその場を立ち去ります。
 マキの内心を見透かすように、「がんばれよ」と言い残して。
 心のうちでは、告白されなかった残念さもあるにもかかわらず、人を気遣う余裕を見せたメガネ先輩の行動は大人です。
 「オレってチョー後輩想い」と内心では思ってはいますけど(笑)。

 ついに意中の人、ケータ先輩と二人きりになれたマキですが、ケータに先手を打たれてしまいます。
 自分から告白する前に、ケータから「告白か?」と言われてしまいますから。
 図星もいいとこだけに、マキも相当動揺しているみたいですが、続きは次号。
 次回は大きな動きがある予感がします。

『うさぎのーと』(師走冬子先生)
 バレンタインデーの学校では何が起こるやら?
・1本目
 犬飼(弟)先生、怖すぎですし、容赦無いです(笑)。女子生徒相手に。こんな人が先生でいいのでしょうかw
・2本目
 うさぎ先生には更に容赦無い犬飼(弟)先生。利き腕で顔面つかんでますしw
・3本目
 犬飼(弟)先生の恋愛経験……うさぎ先生に口をふさがれているところを見ると、どうやら犬飼(兄)先生以外には考えられそうにありませんw
 しかしうさぎ先生、どこからそんな大きなカエルを出したんですかw
・4本目
 そーたは天然というよりも鈍いだけだと思いますw
 しかしくまりも言う事がストレートですねw
・6本目
 くまりさん、チョコを渡す相手も相手ですけど、渡したものもどうかとw
・7本目
 ハニーこと羽生さんがチョコを渡そうとする相手が分からないだけに、急に彼女をライバル視する貝原さんですけど、引き分けているのは1箇所だけですからw
・8本目
 黙っていても、視線の先をたどれば分かる事ですね。まさに目は口ほどにものを言う。
・9本目
 目の前の優しさに幻惑されて、結局は目的を果たせなかったハニーが愉快というか、可哀想というか。でも本人は胸ときめかせていますから、結果オーライということでw
・10、11本目
 可愛い生徒たちを守るため、自らを犠牲にしたうさぎ先生。
 しかしどれだけマズイチョコなんでしょうかw
 犬飼(弟)先生にチョコをあげるうさぎ先生を見て、小鳥遊くんが動揺する場面が出てきますが……これもまた以降の展開に小さくない影響を与えそうですね。
 彼がうさぎ先生を好きになった理由も、いつか明かされるのでしょうか。
 (ヒントは出ていたかな……?)

『夜明けのダンディー』(しまこ美季先生)
・1本目
 基子さん、まだ部長の家にいたのですかw
・2本目
 いくら心がこもった書き初めでも、ありがたくないですw
・4本目
 達筆かどうかは置いておいて(笑)、大げさな前フリですw
・6本目
 基子さん、女なのにあまり女性を感じないのが不思議というかw 彼女にとっては、部長との仲良し度の基準はヅラを取るか否かですかw
・7本目
 口では基子さんを煙たがっていても、それまでのにぎやかさが無くなれば淋しくもなるものです。
 なぜか部長の家に戻ってくる基子さんもどうかと思いますが、喜ぶ部長もどうかと思いますw
・9本目
 ユキちゃんの太り具合は半端ではないですね。コートが体に入らないってw
・11本目
 タイトル、どこかで聞いたことあるようなw(スピッツの曲かw)
 基子さん、歯はちゃんと磨きましょうw

『ミス・ポピーシードのメルヘン横丁』(山本ルンルン先生)
 ポピーシードが街中で出会った見習い魔法使いの少女は失敗の連続ですが、最後にポピーシードに告げた忠告だけは、ある意味当たっていました。
 しかし「悪だくみ」は悪だくみでも、マーガレットたちが内緒で開いた、ポピーシードのバースデーパーティーでしたけど。

 ケーキのろうそくを吹き消す際、マーガレットから心の中で願い事をとなえるように言われますが、その時にポピーシードが思い浮かべた事は、失敗続きの少女が魔法を成功させる様子みたいでした。
 でも、成功して喜ばれているはずなのに、少女の顔は愁いを帯びたままなのが気になりますが……。

 もしかしたら願い事というよりは、ポピーシードに見えた少女の未来、なのかもしれません。
 それゆえか、ポピーシードも浮かない顔で「…べつにないよ」とだけ言い、ろうそくの炎を吹き消すところで今回は終わります。
 
 何故にポピーシードは何の感慨も湧かないのでしょう。
いろいろと考えて見ますけど、納得のいくものが浮かばないのですよね。難しいものです。

『わいるど・わんだふる』(笹野ちはる先生)
 美羽ちゃん初のバレンタイン。どうなる事でしょうw
・2本目
 涙目の美羽ちゃんが可愛いです。いや、可哀想なんですけどw
・3本目
 三葉さん、説明にも気合が入ってます。そして黒い(笑)。
・4本目
 三葉さん、ごく普通の表情で小川君に女装を勧めないで下さいw
・5本目
 いくら有益な情報でも、ネズミからでは困ります。女性陣が脱兎のごとく逃げるのもわかりますねw
 美羽ちゃんもふつーに手に乗せないでw
・6本目
ケーキ屋さんの店員のかぶる帽子で感心するなら、フランス料理の料理長がかぶる帽子を見た時にどう思うのでしょうw
・7本目
 小川君、武田さんに容赦ないですねw いつか武田さんにも本命が現れますようにw
・8本目
 「好きな人」にあげるんですからねw 美羽ちゃんにとっては、動物も人間も分け隔てないようです。
・9本目
 動物用のチョコ(?)となると、どんなお味なのでしょう。もらった小川君にはレポートしてもらいたいものですw

『ミニっきえにっき』(ナントカ先生)
 いつもは「面倒を見てもらう」側のミニ様が、「面倒を見る」側になるお話。

・ミニ様にもスケジュールがあるのですか(笑)。
・ミニ様の後見人であるハムスデッドが連れてきた二人の幼い子どもたちは、元気いっぱい。ミニ様の言う事など全く聞きませんw
・ミニ様がぶったわけでもないのに、ぶったことにされたり、泣いたら泣いたで「お兄ちゃんなんですから」とたしなめられたり。「理不尽だぁぁ」と泣き叫ぶのも分かりますw
・二人が帰った後、疲労困憊のミニ様。サフォークの言葉は深いものがありますね。
したくなくても、しなければならない。そうしないといけない時がある、ということでしょうか。
・この日の経験によって、今まで自分がしてきた事が身に沁みて実感できたミニ様。
サフォークの見事なアイデアが、ミニ様を成長させたわけでした。

『あさぎちゃんクライシス!』(弓長九天先生)
・1本目
 何だか論点が微妙にずれている気がしますけどw
 確かにクリスマスに蟹を持ってくるというのもどうかと思いますw
・2本目
 カニチョコ……カニの臭いが気になりそうですw
 熊にサケw チョコではないのは、配慮があるのかそうでないのかw
・3本目
 あさぎちゃん、時間差ボケ攻撃w
・4本目
 河野くん、揚げ足を取らないw
・6本目
 バレンタインでも、あげるものはチョコではなくて和菓子。ご老人だからでしょうかw
・7本目
 河野くんの考える事が分かりませんw 熊チョコってw
・8本目
 本当に熊にサケあげてますよw 喜んでますしw
・9本目
 責められて涙ぐむ熊さんがかわいいですw このマンガの世界が分かりませんw

『どこ行く?』(鳴海柚来先生)
・1本目
 お父さん、隠しカメラってw そんなもの仕掛けないで下さいw
・2本目
 隠しカメラは嘘でも、トイレの中に隠れているってw 嘘ですけどw
 たちの悪いお茶目さを発揮するのは止めてくださいw
・3本目
 どこの火サスですか、BGM(笑)。
・6本目
 弟さんは、めがねを取った悠をキモい扱いしてますけど、結構いいと思うのは私だけでしょうかw
 そういえば普段は瞳が見えない状態ですからね。
・9本目
 お父さん、ゲーマーだったんですかw 娘に息子は驚いてますし。
・10本目
 もらい物ですから仕方ないですけど、「家計簿ゲーム」に「地図閲覧ゲーム」ってw
 実用度は高いですけどw
・11本目
 頑張り屋さんな弟さん。3日でレベル999ってw

『スペクタクル ファミレス』(山田まりお先生)
一文字違いで大違い(笑)。意味は通りますけど、かなり印象が変わります。
「できるだけ地球のものを使うようにしています」となると、地球外のものも使っているということになるのですけど、地球外のものって何でしょうかw

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/111-cde36f58
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。