スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

本日のお買い物

 2008-01-13
 マンガ雑誌や単行本を色々と買いまして、全部読み終えることができるのは
いつだろう、と思っております。
 
『まんがライフオリジナル』2008 2月号
 『まんがタイムラブリー』2008 2月号
 『まつのべっ!』(著:秋吉由美子・芳文社)1巻、2巻

 雑誌の方はまあ何とかなるのですけど、問題は『まつのべっ!』。
 2冊一気に買ったのですけど、1冊の厚さがかなりのものです。
 1巻は約260ページ、2巻も同じですから。
 普通、4コマの単行本のページ数が120ページほどですから、倍以上。

 本来なら4冊に分けて出るものでしょうけど、連載中には単行本が出ず、
連載も終了してけっこう経ってから(2007年5月号で連載終了)
の発売ですから、止むを得なかったのでしょうか。
 でもこの作品は出切るだけまとめて一気に読んだ方がいいので、
2冊にまとめて出して正解だったのかもしれません。

 とは言え、私が『まつのべっ!』を知ったのは連載終了間際。
 ですから、正直話がつかめず、良さがあまり分かりませんでした。
 そもそも(何度かの中断を含め)9年ほど連載されていた事さえ知りませんでしたから。
 それに『まんがタイムオプショナル』なる雑誌が存在していた事も初耳でしたよ。

 私が現在読み進めたのは1巻の3分の1ほど。
 この頃は割とコメディ色の強い内容で、話も分かりやすいです。
 これ以降はお話が複雑になってゆくのでしょうか。

 この作品の単行本化についてネットで調べているうちに、少し興味深い記事を見つけましたので、以下にご紹介します。

・「秋吉由美子氏に関連した4コマ単行本の議論について」
 (「よつぎりポテト」さん2005年12月24日の記事)
 http://sweetpotato.blog58.fc2.com/blog-entry-113.html

・「重い…」
(「notpjindex」さん2008年01月08日の記事)
 http://notpjindex.seesaa.net/article/77207110.html

 前者は、秋吉先生の単行本の出版状況に端を発した、
4コママンガ単行本の売り方・売上の変化に関する考察が、
 後者は、秋吉先生の単行本に関するデータが私の興味を惹きました。

 それにしても、今回の『まつのべっ!』の単行本化は、作者にとっても、ファンの方々にとっても、ある意味奇跡とも言える出来事なのでしょう。

 もっとも、こうした事が起こるには単に「奇跡」の一言で済ませられないものがあるのも事実です。

 単行本化となれるだけの条件を、この作品が備えていた事はもちろんとして
(ごく簡潔に言えば、ドラマティックな展開とか)、
それ以外にも色々な要素が追い風となっての単行本化となったのでしょう。
 具体的には何か、と言われてもすぐには思い浮かばないのですが……
 『まんがタイムラブリー』で連載されていた「パジャマでNight☆」が好きだったので、これも単行本化されませんかね。
 こちらは普通にコメディ(というかスラップスティック、かな)なので難しいかもしれませんけど。

 しばらくはこの作品にじっくりと取り掛かることになりそうです。
 そうなると買ってきた2冊のマンガ雑誌の感想はどうしよう、となるのですが。
 まあマイペースにやっていく事にしましょうか。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/109-d6cc4655
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。