スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『うぃずりず』2巻購入&感想

 2007-12-27
うぃずりず2巻
 
 私が密かに応援している漫画家さんの一人、里好先生の『うぃずりず』2巻を購入しました。
 (発売されたのは26日でしたけど)

 本編は、『まんがタイムきらら』で既に読んでましたし、
『まんがタイムきららフォワード』2007年10月号に掲載分の
作品(28ページ!)も読んでましたので、描き下ろし中心に読みました。 
 よって、描き下ろし分の感想となります。
○カラー描き下ろし
 リズたち3人と老夫婦のやりとり、そしてリズたちのクラスに新たに
やってくるアメリカ人のイズの登場がお話の中心となりますが、
全体に漂うおとぼけ振りが好きですね。

 見た目は外国人なのに日本人感覚あふれるリズと、
見た目は日本人っぽいのに外国人なイズ、この二人による
外見と中身(考え方など)のギャップが笑いを生む元になってます。

 これらを踏まえた上での(カラー描き下ろし分)最後のお話は
どこか心温まる余韻を残すものになっていて、私好みですね。
 こうしたお話を書けることが、現在数多存在する「萌え系」とは
一線を画したものになりうると思うのですが……いかがでしょう?

○巻末・表紙描き下ろし
 こちらはカラー分及び本編とはうって変わってます。
 詳しくは実際に読んで頂けるといいのですが、かなりぶっ飛んでます。
 本編のイメージが変わってしまうほどですね(笑)。
 何があったんだ、イズっちにリズっち、と言いたくなりますw

 本編の感想も軽く触れておきます。
 新たに登場したイズと、英語教師でリズたちのクラスの副担任でもある桜子先生は
まだ登場回数が多くはありませんが、お話を広げたり笑いを生むために活躍しつつあります。
 あと、担任の先生はすっかり地位が下がって、かわいそうなキャラになってます(笑)。頑張れw

 1巻に比べると、リズの外見と中身(日本人以上に日本人な所)の
ギャップから生まれる笑いは影を潜め、リズののほほんとした性格が
生む笑いが多くなったように思います。
 面白ければ、どちらでも私は構いませんけどねw

 フォワードに掲載された28ページに渡るストーリー漫画形式の
作品の感想は以前述べましたが、改めて読み返してみると実にいい作品だな、と思います。
 4コマの枠から解き放たれた開放感(絵はもちろん、お話も)が、存分に伝わってくる好作品となっております。
 作品全体に漂う瑞々しさも印象的ですね。

○最新刊の試し読みができます
 http://www.dokidokivisual.com/comics/book/index.php?cid=180
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/102-3d9d25d0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。