スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

冬に聴きたいこの1曲

 2007-12-24
 冬になると無性に聴きたくなる曲があります。
 それは「Walking in the air」という曲。
 イギリスのアニメ『スノーマン』の中で流れる曲ですが、とにかく大好きな曲です。
 
 私がこの曲をはじめて聴いたのは、今から15年位前に放送されていた調味料会社(かな?)のCMでした。
 この曲が流れるアニメのシーン(スノーマンとジェームス君が、一緒に夜空を飛ぶところ)と共に流れていたこの曲を聴いて、とても心が揺さぶられました。心にすぅーっと染み入ってきて、たまらなく切ない気持ちになったものでした。

 この曲が入ったCDが無いものかと探しましたが、当時はまだインターネットが無い時代
(仮にあったとしても、全くと言っていいほど普及していませんでした。少なくとも私は知りませんでした)でしたので、探そうにもどうしようもなかったのです。
 
 数少ないCDショップで探したものの、それらしいものは見つからず。
 CD化されていたのかすら分かりませんでしたから……。

 アニメはビデオ化されていたらしいですが、当時の我が家にはビデオデッキが無く、また買えるお金もありませんでした。
 よって、この曲を思う存分聴きたくても、聴けない状態がしばらく続きました。

 それから月日が流れ。
 たまたま立ち寄ったゲームショップに、「スノーマン」という文字と、
あの空を飛ぶ二人(?)のシーンが描かれたジャケットのソフトを見つけたときは驚いたものです。
 
 プレイステーション用ソフトとして、『スノーマン』というタイトルでソフトが発売されていたのでした。
 速攻で買い求め、家路を急ぎました。
 その時は冬で、気温は低かったですが、寒さなど感じなかったのが不思議でした。わくわくするとそうですよね。

 期待に胸を膨らませながら起動させると、アニメがほぼ丸ごと収録されていて、
おまけのミニゲームがいくつか収録されていました。 
 ミニゲームは、小さな子ども向けの簡単なものです。

 アニメは画面は小さく、画質も決していいとは言えませんが、私が聴きたかったあの曲、「Walking in the air」もしっかり収録されていました。感動ものです。
 場面ごとに区切られていたので、この曲をすぐに聴けるようになっているという嬉しい配慮もありました。

 ラジカセにつないで録音し、聴きまくりました。何度も何度も。
 そして、長い時間をかけて出会えた事にとてもうれしく思ったものでした。あの時、神は確かにいた(大げさ)。

 あれから更に時は流れ。
 すっかりいい歳になった私ですが、今でも冬になるとこの曲がとても聴きたくなります。
 いい曲、好きな曲はいつ聴いてもいいものですけど、この曲はやはり冬に聴くのが一番です。
 本当は雪降り積もる景色が良く似合うのですけど、雪はけっこうやっかいですからね。
 雪国の人にとっては。というわけで、雪は無くても良いです(笑)。
 ちなみのこの曲、多くのミュージシャンがカバーしてますが、一番意外なのは、イギリスのハードロックバンド、レインボーのバージョンではないでしょうか。
 私はまだ聴いた事はないですが、インストとしてカバーしているようです。

 レインボーといえば、ディープ・パープルのギタリストである、リッチー・ブラックモアが立ち上げたバンドですから、ハードロック色が強いイメージがありますが、こうした曲も取り上げていたのですね。

 この曲を聴いてからも、いろいろと素晴らしい曲に出会い、涙した事もありましたが、この曲が一番私の涙腺を緩めます。
 あまりに泣けてくるので、いつの間にか聴き所を考えないといけなくなりましたけどね。
 街中や電車の中でいい歳した人が涙ぐんでいたら、怪しまれますから(笑)。

 皆さんにもそうした「聴くと思わず涙する曲」はあるでしょうか。
 ちょっと気になるところですね。

 少し早いですが、この記事を読んでくださった方に、メリー・クリスマス。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/100-9f83fa84
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。