スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『月刊アクション』2014年1月号感想

 2013-11-27

○『アクション仮面』(キャラクター原作:臼井儀人先生、漫画:西脇だっと先生)


単行本1巻が来年1月10日に発売とのことです。楽しみ!

黒アクション仮面ことダーク仮面に操られ暴走する、
正義の味方・ふたば仮面に扮するさやかの父親。
父親を信じているからこそとはいえ、
暴走する父を止めようと体を張るさやかちゃんがかっこよすぎる……!

そんなさやかの父に吹っ飛ばされて気を失いかけていた郷も、
ミサトに気合を入れられて見事復活しますが、そのときの言葉

「ヒーローはな 守るものがあるからヒーローなんだよ」

もまたかっこいい!
今の郷にはミサトはもちろん、子供や観客という守るべきものがある!

ということで、郷の言葉にさやかの父が心揺らいだ隙を付いて、
郷が見事にさやかの父(の悪い心)を倒してまずは一件落着。
その後は郷がふたば仮面に扮してショーを続けて
子供たちの喝采を浴びてめでたしめでたし。

決めの台詞をトチったのは本当にど忘れしたからなのか、
ミサトはじめ観客の子供たちに言ってもらうためだったのでしょうか(笑)。



○『ガール メイ キル』(板倉梓先生)

こちらも来年1月10日に単行本1巻が発売! バンザイ!

今回は実に目まぐるしい展開かつ見所がいろいろあって
とても面白かったです。
シリアスあり、コミカルあり、バイオレンスあり、
心に染みる場面あり……。


前回はアキと知り合いになった司が
芽衣を殺そうとして返り討ちにあってしまうという、
予想していたとはいえ救いのない展開になってしまいました。

アキは今いる街を出てゆこうとしますが、
もう逃れる事はできないのでは……
と思っていたら、やはりそうは問屋が卸さないことに……。


そんな流れを受けての今回のお話は、
もちろん前回の重い展開を引きずってはいますが、
和む場面があったり、バイオレンス名場面があったりと
目まぐるしく展開が変わって実に面白かったです。

初めて登場する芽衣たちの組織の幹部・八雲
(芽衣は「八雲先生」と呼んでますが)もまた気になりますね。
芽衣が八雲と初めて会った時の話がされようとするところで
場面転換につき中断されますが、その時の芽衣はどうだったのか……。


場面は変わり、休憩中に荷物整理をするアキと桂のやり取り。
あまり深刻さはなく、それどころかちょっと和むところもあって好きな場面です。
アキに8ミリフィルムのカメラを向けられ、
慌てて髪形などを整える桂と、
実はフィルムが入ってないと言われて怒るところとか、コミカルで好きです(笑)。


そして神泉に(遠まわしに)司の死を知らされた律がどうなってしまったのか……
とても気になってしまいました……。

その後はアキが芽衣たちのライバル組織の男たちに連れ去られるなど、ハードな展開に。
ここで登場するロリコンかつ残虐な男がヤバすぎる……!


その男の仕掛けた罠に立ち向かう芽衣ですが、
最初は平然としていてさすが殺し屋……と思っていました。
ですがそれは桂と馬目がいたから強がっていたのかも。

一人夜の街を歩く芽衣の表情ははじめて見るもので、
不安や心配、そのほかのいろんな感情が入り混じっていて、ハッとさせられました。
やっぱり芽衣もまだ少女ですからね……。


ですがそんな芽衣に、桂と馬目がさり気なく付いてきた場面、
そしてそれから続く3人のやり取りもまた実に面白かったです。

芽衣はいつものように明るさを取り戻して桂に鎌をかけ、
見事狙いが的中して目を輝かせたり、
そんな芽衣に腹を立てる桂が愉快だったり……。


馬目もついてきた理由を話しますが、
事情を知らない桂には、ツンデレ扱いされてしまうのがちょっと可哀相w
更には「昔を思い出すぜ」の言葉に「じじくさい」と二人にいわれる有様(笑)。
芽衣も桂も馬目に優しくしてくださいw


そして個人的に今回一番お気に入りの場面が、
最後から2コマ目のショットです。
不適と言うか余裕の表情の桂と、穏やかな表情の芽衣、
そしていつも通り表情を変えず、さらっとかっこいいことを言う馬目。
実にいい場面です。

ところで、今までの馬目は特に裏組織の人間的な振る舞いは
特に描かれていませんよ、ね?
(敵側の男・神泉が恐れている場面は出てきましたが)
それだけに次回どんな立ち回りを見せてくれるのか、期待してしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

ちるみさん最終回お疲れさまです!『スーパーメイドちるみさん』最終回感想(まんがタイムスペシャル』2014年1月号)

 2013-11-26
早いもので雑誌の世界では2014年の1月ですね……。
まんがタイムスペシャル201401

今回の『まんがタイムスペシャル』の感想は、
「スーパーメイドちるみさん」の最終回、これに尽きます。

○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子さん)

ちるみさんが初登場したのは、2000年の『まんがタイムジャンボ』2月号。
それから2年近くの間があいたものの、
それ以降10年以上に渡り連載され続けてきたのですから
とにかくお疲れ様でしたとしか……!
(しかも一時期3誌同時掲載という時期も!)

連載が続くうちに新しいメイドさんも増えて、
これからもずっと続いてゆきそうな気がしていただけに
連載が終わってしまうのは残念ですね……。


◆まずはシリアスな前半、爽快感ある後半の対比が見事だった前回の感想から


前回は、突然大樹たちの前から姿を消したちるみさんを
大樹やちゆりさんたちが助け出そうとする内容。
全体的にシリアスで思いお話でした。

そもそもちるみさんが本部に捕まってしまったのは、
メイドと主人との恋愛は禁止だからという理由。
(ということはちるみさんは大樹の事が……)

大樹は紅林さんを振った自分を許せなかったことや、
ちづる部長がちるみさんに言った
「あなたは最期まで 本当に可哀想なメイドでしたわ」という言葉、
そのあとのちるみさんの涙や、
大樹の頼みを断らざるを得なかった漆田さんの苦悩……
中盤までは本当に重い展開が続きます

ですがそれ以降の、ちふゆさんがちるみさんを助けようとする場面から状況が一変(ちふゆさん男前!)。
漆田さんもちゆりさんも(最初は麗子さまのためにと断りますが)加わり、
3人の前に立ちふさがるちまき教官も見事に突破し(わざと通したのでしょうけどw)、
メイド友情パワーを次回で見せ付けるぜ! 的な展開で終わったのが前回でした。
重苦しく緊迫感ある展開と爽快感の対比が見事なお話でした


◆みんないい笑顔の大団円! な最終回!


……と長々と前回のあらすじと感想を書いたところで、ようやく最終回の感想を。
結論から言いますと、大団円でよかった! というのはもちろんですが、
前回の展開(緊迫感と爽快感の対比)と比べて少しだけですが、
あっさりした展開だったかな、とも思いました。
ちるみさんはじめみんなご主人様と再会できて良かったのですが!


ここからはあれこれ感想を書きますよ。

・1本目
タイトルに一瞬「?」と思ったものの、1巻の5ページ目の内容と分かって納得。
手元の1巻と見比べたところ、絵柄の違いに思わず吹くw(ごめんなさい……!)
ただし、ちるみさんの回想なので、至ってシリアスです。

・2、3本目
でもあっさり大樹登場で雰囲気が変わる(笑)。
尾行したのに気づかれず存在感の無さに落ち込んだり、
かと思えば実はばれていてトラップにはまったりと散々な大樹ですw

・4本目
他のメイドさんたちもちるみさんを助けようとしていたと語る大樹、
自然とちるみさんの手を取っているのが良い場面ですね……!

・5本目
しかしちゆりさん登場で良い雰囲気が消えたw
さらに大樹に恥ずかしい台詞をさらっと言いますし(笑)。

・7本目
ちづる部長から柵は絶対に壊れないと聞いた大樹とちるみさん、
普段壊されている&壊しているものが作れないかと余裕ありますねw

・8本目
とっさに出た大樹のアイデアは、ちるみさんの隣の牢屋に入ること。
そんな大樹にちづる部長の言葉は容赦ないです(笑)。
ちゆりさんのツッコミも厳しいw

・9本目
紅林さんの気持ちに気づけなかったことで、自分を責める大樹。
罪滅ぼしに自分もちるみさんと同じ立場になろうとするのがカッコイイです。
大樹も決める時は決めますね!

・10、11本目
大樹のちるみさんへの「真実の愛」に涙するちづる部長。
ちゆりさんもそんなに驚かなくてもw
そしてあっさり手動で開く柵w

ですがここで10本目のタイトル(「長い長い間」)と
4コマ目の髪の長いちづる部長の後姿が気になりました。
ちづる部長、一体何者でどんな人生を送ってきたのでしょう……?

そしてちづる部長も自分たちメイドとは何かを
ずっと考え続けていたという事実。
もし大樹がちづる部長の悩みに答え
(もしくはヒント)を与えたとしたら、大樹もやりますね!

ここまで良い場面だったのに、
お風呂に入っていなかったことを気にするちるみさんへの
大樹の言葉にちょっと引きました(笑)。
ナースフェチだけでなくにおいフェチの属性も身につけてしまったか……!w
ちゆりさんのツッコミが鋭いのも仕方ないですw

・12本目~ラスト
無事帰還したメイドさんたちを待っていたのは
ちまき教官とメイドさんたちのご主人様たち。
ちまき教官、無理しなくてもいいんですよw

ご主人様と再開できたメイドさんたちの反応ですが、
ちゆりさんと漆田さんはいつも通り素っ気無いですね(笑)。
ちふゆさんはいつものように甘々ですw

そしてちるみさんは……
さっそく玄関の花瓶を壊してしまいますが、
そんなことなんて問題なく、
無事に帰ってきたことが嬉しくて仕方ない、そんな思いが
「おかえり!!」に込められていると思いました。
本当にみんな良い笑顔です。


ついに「スーパーメイドちるみさん」が最終回を迎えてしまいましたが、
単行本最終巻が来年の1月に発売予定ですので
まだ本当のお別れには時間がありますね。
ですが10年以上、毎回面白いお話を生んでくださった師走先生には
ありがとうございました、と申し上げたいです。

ちなみに次号(2014年2月号)には、『まんがホーム』にて連載中の
「ようこそ!オーロラ百貨店」特別編が掲載されるとのこと。
ちるみさんとのコラボがあればより嬉しいのですが、どうでしょうね。
もちろん「オーロラ百貨店」も好きな作品だから歓迎ですよ!

関連記事

二人でもにぎやか、二人だと少し寂しい「未確認で進行形」オンライン版 その7感想

 2013-11-11
しばらくブログを更新していない間に
「未確認で進行形」がアニメ化の話が出てましたね。
製作スタッフの名前から信頼度は高そうなので、
いい作品になればと思います。

(画像は「未確認で進行形」TVアニメ公式サイト)
未確認で進行形アニメサイト

さて、その「未確認で進行形」は『まんが4コマぱれっと』で連載中ですが、
番外編的なお話が「ぱれっとonline」にて連載されています。

未確認で進行形

つい先日オンライン版7話目が公開されまして、
その内容は、白夜と真白が小紅の家にやってくる少し前のお話。

いつも通り笑いありですが、舞台が田舎(真白いわく「限界集落」)なことと
いつものメンバー(小紅と紅緒)がいない事もあって、
少しのどかであり、少しだけ寂しさ漂う感じでした。


白夜が釣りをしているのに真白は川ではしゃいでいたり、
真白の母が食べないように念を押していた高級チョコレートを
真白が誘惑に負けて食べてしまったり
(その理由が某ダチョウ倶楽部のネタ的なのが愉快です)と
面白い部分もあるのですが、
ラストのコマに少しだけ寂しさを感じたものです。


ついチョコを食べたので自分の分が無くなった真白に
白夜が自分のチョコをあげるのですが、
そのあとの真白が申し訳無さそうにチョコを食べるところや
二人だけというのが、どことなく寂しさを感じた理由でしょうか。


このあと、小紅や紅緒はじめいろいろな人と出会って
二人はにぎやかな生活を送ることになるのですが、
主にその原因が紅緒だと思うと、
ちょっとかわいそうな気もします(笑)。


そんな「未確認で進行形」、
12月28日には4巻が通常版とDVD付き限定版の2種類で発売予定です。
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。