スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』2013年・10月号感想

 2013-09-05
スペシャル20130822


○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子さん)

順番が逆になりますけど、
ラストでのちるみさんの反応に驚きました。
大樹の思い切っての告白を、戸惑いもせずアッサリと受け入れるところに。
大樹にとって悪いフラグが立ったような……(笑)。

そして今回のメインとなる紅林さんについてですが、
残念ではあったけど吹っ切る事ができたし、人間的に成長したように思います。

大樹も紅林さんを傷つけまいと気を遣っていたけど、
紅林さんはそれ以上に大樹を気遣いましたから。
もちろん大樹も偉いですけどね。
しかし今更ナースフェチをカミングアウトしても(笑)。

紅林さんが帰宅して、ちゆりさんとの場面では
適度に笑いも交えつつも、物悲しいものがありました。
大樹を「レベルの低い男」呼ばわりするちゆりさんがひどいですがw

それにしても大樹とちるみさん、どうなるのでしょうね……。


○「ナースドールまりあ」(しまださん)

まりあが不機嫌な理由を探る四郎。
周りの人たちに尋ねてみますが、
山岡の言葉で気づくくだりがいいなと思いました。

「ウソとか隠し事するようなコ」ではない
まりあですから、四郎のせいではないはずなのに、
焦ってそのことを見失っていたことに気づいた四郎。
それなりに長い(?)付き合いだし側にいるけど、
見失う事もありますからね……。


○「ゲキカラ文化交流」(沼江蛙さん)

メルマガを始めたアキさんですが、
「書くことない(笑)」ならなぜ始めたと小一時間ほど(略w

みゆきの携帯の機種やメール着信音が気になったのは、私だけでしょうか(笑)。


○「ピンポン☆ブー」(藤島じゅん)

景二いいやつや……(なぜか関西弁で)。

部室をゲットするために部活破りをしようとしていた
クイズ研究会メンバー。
でも景二が、各部員が部室での楽しそうな様子を見るうちに、
「みんなの居場所を奪っちゃダメだ」と気づくあたり、
ええ話やと思いました。

なぜか万里穴さんしかいない生徒会室なら、
部室代わりにしても大丈夫でしょうけどね(笑)。


○「メェ~探偵フワロ」(ナントカさん)

探偵に憧れる少年・ヨシュアの奮闘が面白かった今回のお話、
アーサーのサポートがあったとはいえ、
決して小さくはない経験値を手に入れたのではないでしょうか。

ダニエルがフワロを探偵と認識してない場面に笑いました(笑)。
彼にとって、フワロとは一体何者なのか……w
関連記事
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。