スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『百花のしるし』(カネコマサル:著、アスキーメディアワークス:刊)感想

 2012-12-11
 気がつけばもう今年も終わろうとしてますね。
 そして気がつけば3ヶ月以上ブログを放置という体たらく……(遠い目)。

 そんな私ですが、今とても好きな本がありまして。
 11月27日にアスキーメディアワークスから発売された、カネコマサルさんの『百花のしるし』(電撃コミックス)という本です。

 「百花のしるし」(カネコマサル:著 アスキーメディアワークス)

 物語の舞台は、新興住宅地「彩咲町」(あやさきちょう)。
 この町にたたずむ喫茶店WARABIに住む百花は、町を護る神様。見た目は幼い女の子ですが。
 でも百花は彩咲町と同じく生まれたての神様なのであまり力が無く、アキラとミズキに手伝ってもらっています。
 町を廃れさせようとする神・枯緑(ころく)と対決したりしますが、殺伐とした場面は無くて全編ほのぼの。
 単行本の帯に書かれている「クスリとわらえて ホッコリあたたまる ハートフルなまんがです。」が本作を的確に表しています。

 「電撃大王ジェネシス」(休刊)という雑誌で連載されていたとのことですが、その事を知らなくてカネコさんのツイッターで単行本の発売を知ったのでした(すみません……)。
 カバーイラストを見たら、可愛らしい女の子が描かれていて、ほんわかしていそうで良い雰囲気。
 これはよさそうだな、と思って買ったら大当たりでした。
 というわけで、これからつらつらと感想を。

『百花のしるし』(カネコマサル:著、アスキーメディアワークス:刊)感想 の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。