スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「あかつきの教室」2巻…というか海里くんについてあれこれ

 2011-09-19

 「週間漫画TIMES」にて、昨年秋から今年の初夏にかけて不定期連載されていた「あかつきの教室」の最終巻が先日(9月15日)発売されました。

 穏やかな雰囲気が強かった1巻とは対照的に、時折重苦しさ、緊張感溢れる展開もありましたが、それゆえに最終回がとても感動的なものになったと思います。
 最終回終わり間際の暁先生のモノローグは、本当にさわやかでキラキラしている……。
 長く続いた彼女の心の闇が完全に消えたことを象徴する名場面。


 ところで、この2巻は暁先生の過去と彼女の幸せへの道筋がメインですが、個人的には(私以外にも?)とても大好きなキャラクターが出てくる回が収録されている点も見逃せません。
 そのキャラクターとは、福井海里くん。
 彼が登場する10限目「海辺の恋の物語」は、ネットで大反響を呼んだようで(表4側の帯より)、表4側の帯には一番グッと来る絵と台詞が載っています。この場面を選んだ方、GJ!(笑)

 ちなみに一緒に添えられている言葉(“その人を思うだけで幸せって、すごいことだと思うんだ”)は、雑誌掲載時に表紙に書かれていたものです。初めて雑誌で見たとき、ドーナツを手に微笑む海里くんの絵とともにグッと来たのを思い出しました。グッと来てばかりですけど、そうなるのは仕方ないのです。

 というわけで、今回の記事は海里くんメインで語りたいと思います。
 当初は2巻で好きな場面から上位5つをあげて、それについて軽くコメントする予定でしたが、思った以上に海里くんに関する場面が多かったので……。

「あかつきの教室」2巻…というか海里くんについてあれこれ の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。