スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきらら』2011年6月号感想

 2011-05-30
kirara_photo_t1106.jpg

 何か一つでも強く印象に残るものがあれば有利だよね、と思わせるものがある今号のきららでした。
 そして「ねこきっさ」が今号で最終回です。このブログでは殆ど感想を書いてはいませんが、読んではいました。ラスト直前、お店の常連さんたちも含めて皆が「ねこきっさが好きだから!」と言う場面、いい場面です。長い間お疲れ様でした。

 そして今回は
 ○「しかくいシカク」(ざら先生)
 ○「けいおん!」(かきふらい先生)
 ○「スマイル・スタイル」(筋肉☆太郎先生)
 ○「ミントシロップ」(さかな45先生)
 ○「うちのざしきわらしが」(てっけんとう先生)

 の感想を書いてます。


『まんがタイムきらら』2011年6月号感想 の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

『まんがタイムきららキャラット』2011年6月号感想

 2011-05-24
carat2306mt.jpg

 今号は「Aチャンネル」掛けかえカバーの付録がついているのでいつもより50円アップの400円です。
 2巻用のカバーですが、デザインは単行本のものとは大きく異なりますね。単行本のは余白を生かした感じですが、付録のデザインはキャラクター(ユー子)が目いっぱい描かれてます。そのためかにぎやかなデザインですね。
 「GA」や「けいおん!」の掛けかえカバー付録の時は単行本のカバーデザインを踏まえたものだったので、こうしてデザインの方向性を変えるやり方で来るのも面白い試みです。

『まんがタイムきららキャラット』2011年6月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムスペシャル』2011年・7月号感想

 2011-05-23
mts20110521.jpg


 今号はいいなと思えるゲスト作品がありましたので、それについても触れてみました。

『まんがタイムスペシャル』2011年・7月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムスペシャル』2011年・6月号

 2011-05-19
mts20110422.jpg

「うさぎのーと」3巻CMまんが

 5月7日に発売の「うさぎのーと」3巻のCMですが、犬飼(弟)先生が提案する「つむりのーと」にグッと来ました!(笑)。いつ発売されますか?w

○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子先生)

 メイドシャッフル編、3回目にして最終回。
 笑い多目の中、ちおりさんが張り詰めた場所に居た過去と、「ぬるま湯」な今を比べて嘆く場面がいいアクセントになっていると思いました。すぐに笑いに変わるのですけどね。
 ちゆりさんと倉田先生のコンビですが、最後まで倉田先生が不憫で……(涙)。

・1本目
 ポーカーをする佐々木先生とちゆりさん。
 女同士で脱衣ポーカーですか(笑)。
・4、5本目
 夕ご飯を作ろうとするちおりさんに、対抗心むき出しなみずだ子さん(笑)。カチューシャまで装備w
 ちおりさんも「自分も食材にできるんですから」とは言いますねw
・7本目
 ちおりさん、またみずだ子さんに墨をかけられてしまいましたw
 待機に起こられてねじりまくられる姿も愉快です(笑)。
・8本目
 お風呂の中で、かつては本部で特殊工作舞台で暗躍してきた自分が、今は「ぬるま湯につかりきってる」と嘆くちおりさん。
 でも大樹の「お風呂ぬるくない?」の問いかけに「ちょうどいいです!!」と返すちおりさん、適温が一番!
・10本目
 部屋が狭いため、自分が台所で寝ると優しさを見せる倉田先生。
 なのに変態呼ばわりするちゆりさんがひどすぎるw
・11本目
 夜、ふすま越しに会話する二人。
 ちまき先生が寝ぼけて自分の布団に入ってくるという倉田先生に「私だって詩歌さまと一緒に寝たことないのに」とキレるちゆりさん(笑)。一緒に寝たことはなかったのですね……。
・12本目
 最後の晩なので、最後の着せ替えに付き合うことにしたちまき先生。
 うさぎの着ぐるみ寝巻きを切る羽目になって、内心優しい自分を責めるのでした(笑)。
・15本目
 無事原田家に戻ってきたちるみさん、服の前がはだけたまま……。大気も鼻血を出すはずです(笑)。


○「少女カフェ」(板倉 梓先生)

 いいなと思える場面がいろいろありました。しんみりする場面、微笑ましい場面。
 亡くなったお母さんに関するお話だからでしょうかね……。

 前回、葉月さんに携帯を届けると言って、急にお店を飛び出してしまったつくしちゃん。
 亡くなったお母さんの写真立てが倒れていたことに、(つくしちゃん含めて)一郎が気付かなかったために、お父さんはお母さんのことを忘れてしまったのではと思い、悲しさを紛らわすためでした。

 そして今回は、前半が残されたみおちゃんと一郎で、後半は戻ってきたつくしちゃんと3人でのお話です。
 いつもはおっとりしているみおちゃんですが、今回はしっかりしてますね。
 双子ならではの言わなくても通じ合える「何か」のおかげで、一郎よりも優位に立ってますし(笑)。
 そしてさらっとキツイことも言ってますけどw

 しっかりもののつくしちゃんに無理をさせていたのかもと思い、つくしが無事帰ってくるなり涙を浮かべてつくしちゃんを抱きしめる一郎。
 つくしちゃんに頭をなでられてますが、これはこれでいいかなと思いますw
 続いてみおちゃんがつくしちゃんを抱きしめて、珍しく慰めの言葉をかける場面もいいですね。
 更にはつくしちゃんの呼びかけで、葉月さんと宮嶋くんも一緒に抱きつくことに。
 宮嶋くんは一郎に抱きつくことになってますが(笑)。

 閉店後、つくしちゃんが食べたいものを食べに行くことを一郎が提案しますが、つくしちゃんが食べたいのは「おとうさんのパンケーキ」。
 お母さんが好きだったものが食べたいから、というのも健気さを感じますね……。
 もっともお母さんが好きなのは、パンケーキもですが、カツ丼など「何かオッサンっぽい」ものだそうですが(笑)。

 3人が食べに行ったのはカレーでした。
 そこでつくしちゃんに父親らしい言葉をかける一郎と、その言葉に素直に甘えるつくしちゃんの場面、微笑ましくて好きです。

 翌日、つくしちゃんが一郎に女性リピーター増加作戦の内容を提案すると、なぜか倒れたお母さんの写真立て。
 つくしちゃんは「似合わないからやめてってコトかな?」と思ったようですが、亡きお母さんの女性リピーターが増えて欲しくないという思いもあるのかな、と私は思ってしまいました。

・1本目
 お店を飛び出したつくしちゃんの様子を見に行った、常連の宮嶋くん。
 一郎はそれでも心配でたまらない様子ですが、みおちゃんは全幅の信頼を寄せているようです。
 「頼もしくてカッコよかったもん」ということですが……(笑)。
・3本目
 みおちゃんから、つくしちゃんが出て行った理由を聞かされて呆然とする一郎。
 その間にみおちゃんは注文をとっていたのでした。しっかりものですね。
 戻ってくるなり一郎に「お父さんってやっぱりニブイよね?」としたり顔で言う余裕も見せてます(笑)。
・4本目
 「お父さんがお母さんのこと忘れてるんじゃないか」と心配になったのかも、とみおちゃんが言うのを聞いて「そんなわけないのに…!」と言う一郎。
 そこに女性客たちの、男が「そんなわけねーだろ 言わなくてもわかれよ」と言うのに不満を持つ会話が聞こえてきたのでした。
 確かに物事は言わないと分かりませんからね。
・5本目
 みおちゃん、かなりきついことを(笑)。
・6、7本目
 今回一番グッと来た場面。
 つくしちゃんが無事戻り、涙を浮かべてつくしちゃんを抱きしめる一郎。
 無事戻って安心したのと、無理していたつくしちゃんに対する感慨などいろいろな思いがあふれたからでしょうか。
 妹のみおちゃんが姉のつくしちゃんを抱きしめて、なぐさめの言葉をかける場面、珍しいですし微笑ましいです。
 最後は葉月さんと宮島君も含めてみんな抱きつくということに。これも微笑ましいですが、宮嶋くんのポジションが気になります(笑)。

関連記事

『まんがタイムLovely』2011年5月号感想

 2011-05-15
mtl20110413_20110511212638.jpg

 今回は
「幽霊だから!!」(慎結先生)
「恋とはどんなものかしら」(四ツ原フリコ先生)
「いつか王子さまが」(倉田 嘘先生)
「世界で一番美しいのは誰?」(木下さくら先生)
「君と朝まで」(堤 抄子先生)
「おばけの学校」(時任 奏先生)
「くるくるまきまき」(珠月まや先生)

の感想を書いてます。
(もう6月号発売されていますね……)

『まんがタイムLovely』2011年5月号感想 の続きを読む

関連記事

コミティア96で出会った本たち(その2)

 2011-05-10
 今回はしんみりいいお話系です(既刊2冊、新刊1冊)

・「四葉のクローバー」(非常階段さん)
・「ハトノ時計店」(はなとすみねこさん)
・「お狐さま」(るんるん庵さん)

以上3冊についての感想です。



コミティア96で出会った本たち(その2) の続きを読む

関連記事

「はじめ×くろす」1巻(寺本薫:著、WIN selection、竹書房)感想

 2011-05-08
はじめ×くろす1巻カバー

 深窓の令嬢に付き従うは、清楚で可憐な メイドで執事…?
 お嬢様に恋するはじめさんの、ご奉仕コメディ4コマ♪
(帯より)

 現在まんがライフWINにて連載中の4コマ漫画「はじめ×くろす」が、このたびめでたく単行本化されました。昨年3月から連載開始された寺本薫先生の作品ですが、ファンとしては待ち遠しかった……!

 初めてこの作品を知った方がカバーイラストだけを見たら、可愛い女の子同士の楽しそうなやり取りが出てくる漫画と思うかもしれません。
 ですが帯を見ればそうではないことに気付くわけで。
 どう見てもはじめさん、立派な女の子ですよ!(笑。あ、上の画像では右側のキャラです)
 CDでのジャケ買いならぬカバー買いした人が、漫画を読んでどのような反応を示すのか知りたくもありますね(笑)。

 わけあって女装してメイドとしてお嬢様のほのかさんに仕えるはじめの気苦労に笑い、はじめとほのかの(表面的には)女の子同士の楽しそうなやり取りに和む。
 この2つを中心として、二人の周りのキャラクターたちが関わることで生まれるお話が楽しい、そんな作品です。

「はじめ×くろす」1巻(寺本薫:著、WIN selection、竹書房)感想 の続きを読む

関連記事

コミティア96で出会った本たち(その1)

 2011-05-06
 5日のコミティア96に行きましたが、いつも以上に人が多かったです。参加人数が多くなることが、必ずしも良いとは思えないので難しいところですね。
 さて、そんなコミティア96にて買った本の中から、いつものように面白いと思ったものの感想を。
 今回は
・「なぞなぞのこたえ」(サブマリンサンドイッチさん)
・「DADA LEAKS」(WATTS TOWERさん)
・「ぼくたちつきあってます…?」(ムンチャイさん)
・「赤ずきんちゃんと狼さん」(ムンチャイさん)

の4冊についてですー。
 ちなみに全て今回のコミティアでの新刊です。

コミティア96で出会った本たち(その1) の続きを読む

関連記事

COMIC1☆5で出会った本たち

 2011-05-02
 先日(5月1日)行われたCOMIC1☆5で買った本の中から、これ面白い! と思ったものの感想を。
 新刊だけでなく、既刊なども含みます。
 今回は
・「生れて、すみません。」(なまえかえたいさん)
・「ずっと、一緒だよ。」(Cherry*Blossomさん)
・「ほむほむしたいの!」/「ラムールはジンギスカンにはいりますか?」(すた~だすとくれいどるさん)
・「アズサ アンド ユイ」(クリアバージョンさん)
・「ゆいちゃんの それゆけ! うんたん行進曲」(ゆ~のす通信さん)
・「ちゃってぃんぐなう。」(わいるどらびっつさん)
・「となりの平沢さん」(転寝屋敷さん)

の感想です~。こうしてみると「けいおん!」と「魔法少女まどかマギカ」のみですね(笑)。


COMIC1☆5で出会った本たち の続きを読む

関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。