スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららフォワード』2010年・1月号感想

 2009-12-17
ゲスト作の「わたしたちは皆おっぱい」(東風実花先生)の設定自体の愉快さが素敵でした(笑)。

『まんがタイムきららフォワード』2010年・1月号感想 の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

『まんがタイムスペシャル』2010年・1月号感想

 2009-12-15
 特別企画の「秘密告白スペシャル」における師走先生の内容がすごいです。無茶しやがるぜ……(笑)。

『まんがタイムスペシャル』2010年・1月号感想 の続きを読む

関連記事

『ふるーつメイド』3巻(寺本薫:著・アクションコミックス もえよん・双葉社:刊)感想

 2009-12-13
ふるーつメイド3巻

 掲載誌・媒体を変えながらも、6年に渡り連載されてきた『ふるーつメイド』の最終巻となる3巻が発売されました。
 終盤、一成が誰を選ぶかとか、それぞれのキャラが歩む道についてのややシリアスな要素もあるものの、「コメディ」と呼ぶにふさわしい作品だったと思います。

 描き下ろしに、連載終了から5年後のみんなが描かれた8ページの4コママンガが収録されています。
 最後の場面では、ほんわり心に残る余韻を感じました(詳しくは後程)。

 一応、一成が漫画家になれるかが本作の本筋のようですが、私としては一成とメイドさん3人のやり取りにおけるコメディ部分がメインでした。
 苺ちゃんも林檎さんも蜜柑さんも、それぞれ微妙な距離感の違いや温度差はありながらも、一成に好意を寄せていたわけで、それらの要素とキャラごとの性格の違いから生まれるやり取りの面白さが好きなのです。

 最終的に一成と両想いになったメイドさんが誰かについては、単行本を読んでいただくとして……あ、こんなところにネタバレが。更には以下にもネタバレが。
 

『ふるーつメイド』3巻(寺本薫:著・アクションコミックス もえよん・双葉社:刊)感想 の続きを読む

関連記事

『4コマKINGSまんがぱれっと』2010年・1月号感想

 2009-12-11
 感想に取り上げた作品が少なくて申し訳ない。
 他にも幾つか面白いと思う作品があっただけに……。


『4コマKINGSまんがぱれっと』2010年・1月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムきららMAX』2010年・1月号感想

 2009-12-05
 表紙を飾る「かなめも」は、今回登場するかなちゃんのクラスメートたちが総登場。
 小さく後ろにいる大塚さん、地味ながらもかなちゃんを励ましたり、みかちゃんを焦らせたりしています(笑)。

『まんがタイムきららMAX』2010年・1月号感想 の続きを読む

関連記事

こっそり勝手に応援してみたり

 2009-12-04
 もう1週間ほど(12月12日)で「ふるーつメイド」3巻(寺本薫先生)が発売となるわけですが、寺本先生のブログでも告知されてますね。

 単行本発行のお知らせ(徒然日記)

 カバーイラストも掲載されていますのですが、結構大きくて見ごたえがあります(笑)。
 好きな作品なので、右のスペースに勝手に応援バナー代わりのカバーイラストを貼ってみたり。
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。