スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『4コマKINGまんがぱれっと』2009年11月号感想

 2009-09-29
 3周年記念で「未確認で進行形」の下敷きと、カラーイラストを集めた本文16ページの小冊子が付録に付いて、お値段据え置きの350円とはすごいです。
 小冊子ですが、櫻先生のイラストが秀逸だと思いました。
 もなかと小豆が見る夢で、大人っぽい小豆の姿に笑いましたから(笑)。あと小豆の着物の丈が異様に短いのもまた……w

『4コマKINGまんがぱれっと』2009年11月号感想 の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

『かなめもアンソロジー』小冊子感想

 2009-09-27
 小冊子収録内容の傾向を分析しようと思いましたが、今の自分には無理でしたのでいつも通りにつらつらと感想を。

『かなめもアンソロジー』小冊子感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムきららMAX』2009・11月号感想

 2009-09-27
 創刊5周年記念だそうで。
 『かなめも』アンソロジー小冊子が付いているためか、450円と100円お高い今号。
 小冊子の感想は後程アップする予定ですが、結構面白い作品が多かったです。

『まんがタイムきららMAX』2009・11月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムラブリー』2009・10月号

 2009-09-18
 不定期連載ですが「四季を食べる女」(大井昌和先生)の(いい意味で)淡々として冷めた雰囲気がいいなと思いました。
 特に渋滞と人生を重ね合わせた例えで、一度群れ(渋滞)から抜け出したものは元に戻れない、という場面が印象的です。ドロップアウトしても戻れる力が欲しい今日この頃。

『まんがタイムラブリー』2009・10月号 の続きを読む

関連記事

『ふるーつメイド』ACT 59(「ケータイまんがタウン」)感想

 2009-09-15
 「ふるーつメイド」(寺本薫先生)の感想を書くのも久しぶりです。

 あと何回かで終わってしまうのですが、それだけにどのキャラもそれぞれ先延ばしにしていた事にけりをつける場面が目立ちます。 
 とはいえ、一成への告白という、この作品的には大事なことはもう少し先になるのですけど(笑)。

 どのメイドさんたちにも一成と一緒になれるチャンスはあるのですけど、素直になれない林檎さんが一番不利なだけに、林檎さんに頑張ってほしいと思うのでした。
 苺ちゃんは感情をさらけだせるけど、やっぱり肝心なことは言い出せませんから、応援したくなります。
 蜜柑さんは、他の二人がうらやむ事をさらっと言えるので一番有利そうですけど、まだ分りませんから陰から見守りたくなります。
 要するに三人とも応援してしまいたくなるのですが(笑)。

 今回一番ハッとさせられたのは、一成がメイドさんたちと暮らせる日々が残りわずかなことを感じたことから発せられた言葉(「いい思い出にしたいし…」)でした。
 どんな時にも終わりは来るのですけど(生きていたらいつかは死ぬことも含めて……大げさですが)、終わりを意識しないと充実した日々を過ごそうと思わない自分だけに、この場面がとても印象的なのです。

『ふるーつメイド』ACT 59(「ケータイまんがタウン」)感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムきらら』2009・10月号感想

 2009-09-12
 「ゆゆ式」の扉絵のあざとさにグッと来ました(来たのか)。

『まんがタイムきらら』2009・10月号感想 の続きを読む

関連記事

COMIC ZIN 通信販売開始だそうですね

 2009-09-08
 昨日(9月7日) COMIC ZINさんが通信販売サービスを開始しました。
 これだけだと「だから?」と思われかねないので、なぜに自分が注目するかを少し詳しく説明します。

 先月の27日に、「GA 芸術科アートデザインクラス」3巻が発売されましたが、COMIC ZINさんは非常に気合の入った、きゆづきさとこ先生の描き下ろしイラスト&ロングインタビューを含む16ページ特製冊子を特典としてつけました。

 これがきゆづき先生のファンの間では結構注目を集めたみたいですが、残念なことにこの時点ではCOMIC ZINさんは通信販売を行っていませんでした。
 そのため、遠方に住む人たちにはかなりつらい状況だったと思います。
 ネットオークションでは定価以上の価格で売っていた人たちもいましたし……(それでも交通費を考えればまだ安い方でしたが)。

 しかし昨日COMIC ZINさんが通信販売を始めた事で、遠方に住む人も特典の小冊子を楽に手に入れることができるようになったわけです。
 COMIC ZINさんは今年2月にオープンしたばかりですので、いきなり通販できる余裕は無いかも、と思っていただけによくぞ頑張ったと思います。

 現在はあくまでも「プレオープン」とのことですが、遠方に住む人たちのために続けてほしいと思うのでした。
 通販利用の際は、会員登録が必要とのことですので、そのあたりは通信販売のページをしっかり読んでくださいませ。

COMIC ZIN 通信販売/TOPページ

「GA 芸術科アートデザインクラス」3巻通販ページ

「この商品の購入はお一人様1点限りとさせていただいております」

の断り書きあり。 

(9月20日追記)
 9月19日に通信販売正式オープンとのことです。

http://www.comiczin.jp/info/item/2009/09/17_01.html

オープン記念企画として、森薫先生・大石まさる先生による
COMIC ZIN のイメージキャラクター・ラフイラストやイラストカットをまとめた特製冊子を、
一度のお買物で商品の合計金額3,000円 ( 税込 ) 以上お買い上げのお客様にプレゼント!



との記述もあり。
関連記事

『まんがタイムジャンボ』2009・10月号感想

 2009-09-06
 最終回3作品(プラスアルファ)にゲスト7作品。
 「ひまじん」は今号で一旦終了して別のタイム系で来春復活とのことですが……。

 一応次号から新連載が始まる作品もあるとはいえ、タイム系再編を考えてしまう状況が整いつつあるような感じです。

『まんがタイムジャンボ』2009・10月号感想 の続きを読む

関連記事

4コマ夏幾つ?(2009年度編)

 2009-09-03
 昨年、すいーとポテトさんが企画された【「これ好き」を】4コマ漫画ナツ100【さらけ出せ】が面白そうという事で参加しまして、とっ散らかった記事を書いてから早いもので1年近く経ちます。
 今年もすいーとポテトさんは企画を立てている(4コマ漫画ナツ10 ~マイナーとかこまけぇことはいいんだよ!!~)のですが、自分にはハードルが高いな、ということで今回は見送りました。

 でも何か書きたいので、昨年の企画をアレンジしてみました。
 ルールは簡単で、昨年記事を書いて以降から、この記事を書いているまでに、新たに私が好きになった作品(単行本化されている、いないに関わらず)を挙げてゆきます。
 ですから、古めの作品(単行本)でも平気で挙がっているかもしれません。
 ちなみに昨年の記事で挙げてない作品に限ります。そのために昨年よりはだいぶ少ないです。

 (作者名50音順での紹介です)

4コマ夏幾つ?(2009年度編) の続きを読む

関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。