スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』09・6月号感想

 2009-04-25
 今更気づいたのですが、この雑誌に載っている作品は、ほとんどが働いている女性が主人公なんですよね。
 女性ではなく男性が主人公だとしても。
 でも幼稚園児や学生が主人公の作品もありますからねぇ……。
 そういう人たちは、勉強するのが仕事という事でしょうか。
 16連射でおなじみ、ハドソンの高橋名人も、ゲームを遊ぶ子どもたちに「ゲームは1日1時間」とともに「僕らの仕事はもちろん勉強」と言ってますし。
 でも名人はそれ以上遊んで練習していたそうですよ?(笑)

『まんがタイムスペシャル』09・6月号感想 の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

『まんがタイムきららMAX』09・6月号感想

 2009-04-22
 今号で「魔法のじゅもん」が最終回。創刊号からの連載との事で、お疲れ様でした。
 同じく創刊号から連載の「兄妹はじめました!」も終わってしまいそうな気配がしますね……。

 アニメ化に伴うキャンペーンの一環のためか、「かなめも」2巻と今号の連動抽選プレゼント企画(図書カード1000円分)が気になります。早く送らないと。

『まんがタイムきららMAX』09・6月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムラブリー』09・5月号感想

 2009-04-16
 ストーリーマンガが増えたこともあってか、今までとはかなりカラーが変わった感のある今号のラブリー。
 好きな作品が次々終わったり他誌に移ったりしているのが残念ですね……。

『まんがタイムラブリー』09・5月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムきらら』09・5月号感想

 2009-04-13
 『-そら-』(白雪しおん先生)が最終回、『きつねさんに化かされたい!』(桑原ひひひ先生)は次号で最終回……(涙)。

 『棺担ぎのクロ。 懐中旅話』(きゆづきさとこ先生)は久々の掲載ですが、作品の中心に触れる内容のためか、陰鬱な展開が。
 
 「心に染みるちょっといい話」の『境界線上のリンボ』(鳥取砂丘先生)は、かつてのクロが担っていた路線を継ぐ作品なのかなと今更思ってみたり。

 あれ? 『かなめも』は休載ですか?

『まんがタイムきらら』09・5月号感想 の続きを読む

関連記事

当たった……

 2009-04-12
 (タイトルより)
 食中毒とかではありません(笑)。

 昨日の事ですが、午前中の割と早い時間に、玄関のチャイムの音が。
 「どうせまた何かの勧誘だろうな~」と思いながらのぞき窓を見ると、宅配便の制服を着た人がいたのでドアを開けると。
 薄くて大きな封筒を渡されたのですが、差出人の名前を見てもその時点ではピンと来ず。

 「なんだろうな~」と思いながら封を切ると、中には添え状と色紙が入っていたのでした。
 添え状を読んで、『レベル4』2巻(岬下部せすな先生)のアンケートハガキを送ると抽選で当たる直筆イラスト&サイン色紙が当選したのを知ったのでした。
 そういえば発売日(2月上旬?)に買って少ししてから送ったのですが、結構早いのでは?
 
 1巻のときはアンケートハガキ自体出していなかったのですけど、本当に当たるものですね。
 嬉しゅうございます&感謝。
 ところで岬下部先生が描かれる色紙用のキャラの表情は、笑顔ではないことが多い気がするのですけど、気のせいでしょうかね?

 (主人公の翔くんが。左下には私の名前が入っているのですが、筆跡からして別の方が書かれたのかも?)
level4 illustsikisi
関連記事

ワンダフル・ライブ

 2009-04-10
これは紹介せずにはいられない。
(YouTubeの動画を貼っていますので、PCでないと見られません。悪しからず)







関連記事

ま、嘘なんですけど。

 2009-04-03
 今更ですが最近は「ひだまりラジオ」(第1期の方)にはまってます。何故に今更。
 特に3回目と4回目が好きですが、番組終了後あすみんが、ひだまりの単行本のイラストについて、ちょっとうがった見方をしているのが面白くて面白くて。

 例えば3回目の放送では、2巻のキャラクター紹介のイラストについて、ヒロさんと宮ちゃんが、ゆのちゃんの胸を触っているとか言ったり(笑)。

 そう言われればそう見えるだけに、これを聴いて以来ちょっとアブナいイラストに見えてしまって困ってます。
 こんなネタを言った直後にさらっと「ま、嘘なんですけど」と言うのにも笑ってしまいます。

 更に(同じく2巻キャラ紹介イラストで)
「ヒロさんの右手と宮ちゃんの左手が、ゆのちゃんの後ろに回ってるんですね。あ、でもこっから先はちょっとアブナ、危ないかな~言えないな~。これは見てもらうしかないかな~」
 と思わせぶりな事を言うのが可笑しくて可笑しくて。
 思わず「言えよ!」と突っ込んでしまいます(笑)。

 このアイデアって他にも応用できるかも、と思ってみたり。決してパクリじゃないですよ。

ま、嘘なんですけど。 の続きを読む

関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。