スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららキャラット』09・5月号感想

 2009-03-31
 今頃になって「ひよぴよえにっき。」の可愛らしさにやられました。
 そして今回で最終回の「ニコがサンタ」。
 楽しい思い出が何よりのプレゼントって、いい話ではないですか。お疲れ様でした!

『まんがタイムきららキャラット』09・5月号感想 の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

『まんがタイムスペシャル』09・5月号感想

 2009-03-31
 裏表紙(映画「ドラゴンボール エボリューション」関連グッズプレゼント)の広告がどこか胡散臭気です(笑)。
 本誌とは何の関係も無いですが。

『まんがタイムスペシャル』09・5月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムきららMAX』09・5月号感想

 2009-03-29
 「看板娘はさしおさえ」(鈴城芹先生)が最終回でしたが、お疲れ様でした。
 ほのぼのとした感じで終わったのがこの作品らしいですね。

 そして一番笑ったのは「ストロマロジック」(ストロマ先生)でした。
 コメントの力もあなどれないものがありましたから(笑)。


『まんがタイムきららMAX』09・5月号感想 の続きを読む

関連記事

お買い物メモ(その2)

 2009-03-26
 本日は好きな作品の単行本の発売日(全部まんがタイムKRコミックスですが)でしたので、何作品か買って参りました。
 『ちびでびっ!』3巻(寺本薫先生)は、これが最終巻ということで、発売されるのが楽しみでもあり寂しくもあり。
 巻頭の描き下ろしマンガはほのぼの、しみじみするもので、カバー下のマンガはこの作品らしい感じです。
 カバー折り返しの4コマは笑いましたが……(笑)。頑張れ凛子さん。
 (とらのあなで買ったらペーパーが付いてきました)

 『落花流水』4巻(真田一輝先生)ですが、巻頭の描き下ろしマンガはコメディテイスト溢れるもので笑わせていただきました(3巻はハートフルストーリーでしたね)。
 あと扉絵の水夏さんの姿にグッと来たり(ぇ?
 (ゲーマーズで買ったらペーパーが付きました)

 『かなめも』2巻(石見翔子先生)も買いました。この前1巻が出たばかりのような気がしますが……早いものですね。
 こちらも巻頭の描き下ろしマンガはサービス満点だったり笑わせてもらったり。
 かなちゃん白スク水ですから(笑)。
 カバー下は……何でしょう、このシリアスだけど、どこか可笑しいパラレルワールド的な内容は。続きが読みたいです(笑)。
 (ゲーマーズで買ったらペーパーが付きました~。とらでも付くみたいですね。)

 さて、明日は『奥さまはアイドル』3巻(師走冬子先生)の発売日です。
 師走先生のブログによると、とらのあなで買うとペーパーが付くとのことです。
 でもとらのあなのサイトには、その情報が無いのが疑問ですけど(単に私が見落としているだけかも)。
(今は載ってますね。
師走冬子先生作「奥さまはアイドル」3巻と東屋めめ先生作「リコーダーとランドセル」1巻が同時発売☆描き下ろしメッセージペーパープレゼント♪
関連記事

『4コマKINGS まんがぱれっと』09・5月号感想

 2009-03-26
 今号も「毛玉日和」が楽しかったです。リス子可愛いです(笑)。
 「にゃんことカイザー」2巻が4月22日に出ますか。これは期待せずにはいられません。
 次号予告に、荒井チェリー先生の新連載情報が。4コマですか。表紙&巻頭カラーとは大きく出ますね。これも楽しみです。


『4コマKINGS まんがぱれっと』09・5月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムラブリー』09・4月号感想

 2009-03-25
 「わいるど・わんだふる」と「夜明けのダンディー」が最終回(お疲れ様でした!)。
 その一方、新たに始まった連載作品2作品は共にストーリー物と、これからのラブリーは非4コマ誌の比重を強めようとしているのかな、と思わせる動きが気になるところです。
 ……ならば「レモネード」(しおやてるこ先生)の単行本を頼みますよ、と思ったり。

 今回は「ミニっきえにっき」が一番笑えました。サフォーク可哀相(笑)。

『まんがタイムラブリー』09・4月号感想 の続きを読む

関連記事

きら☆とりVol.5行きました

 2009-03-23
 もう3日も経ってしまいましたが、きら☆とり行って来ましたメモなど。
 20日(金・祝日)に、都立産業貿易センター浜松町館にて行われた「きらきら☆とりころ~るVol.5」。
 この日は朝からあいにくの雨でした。
 会場に近づく途中や会場の外では多くの人が並んでいるのを見たのですが、あれは上の階で開催されていたイベントの参加者だったみたいです。すごい人の数だったなあ……。
 私にとっては本題のきらとりの参加者はどこだろう? と思いながら会場の外や中を見回してもそれらしき列もなし。
 しばらく外と中を行ったり来たりしていましたが、ラチが開かないので思い切って会場の3階まで行くと、会場にて並んでいる人が20人ほどいたのでした。私が動いたカロリーと時間を返して下さい(笑)。

 さて、きらとりの様子に関しては、すいーとポテトさん砂漠ヒロさんの記事Voyagerさんの記事を参照して下さい。以上。

きら☆とりVol.5行きました の続きを読む

関連記事

『トランジスタティーセット~電気街路図~』第1巻(里好:著、芳文社:刊)

 2009-03-15
tratea1.jpg
 現在の秋葉原を舞台に、古くからあるもの(電子部品とか)と新しいもの(萌え文化)がバランスよく混ざり合う、過渡期ならではの良さを表現しようとしている作品。
 これが私がこの作品に対して感じる事です。
 とはいえ難しく気構える必要などなく、可愛らしかったりサービス精神あるキャラクターに惚れるもよし、書き込まれた背景に実際の秋葉原に想いを馳せるもよし、笑いをベースに時折しんみりするお話を楽しむのもよしだったりします。それ自体充分すごいのですけどね。

『トランジスタティーセット~電気街路図~』第1巻(里好:著、芳文社:刊) の続きを読む

関連記事

『Recht~レヒト~』3巻(寺本薫:著、芳文社:刊)

 2009-03-13
rect3.jpg
 先日発売された『Rehct~レヒト~』3巻。
 発売日を楽しみにする一方、これで本当に終わってしまう寂しさを思うと、何ともいえない気持ちになりました。

 読み返せば読み返すほどいろんな考えが沸き起こって、まとまらなくなってしまうのですが……。
 まずはカイが無事レヒトに戻ったこと、アリスと共に歩むと決めた事を告げる場面、そして最後の最後でふたりが手をつなぐ場面を見てホッとするのを感じた事を記しておきましょうか。
 嬉しそうなアリスと照れているカイと対照的ではありますけど、これまでの流れからするとこうなるでしょうね。

『Recht~レヒト~』3巻(寺本薫:著、芳文社:刊) の続きを読む

関連記事

『まんがタイムきらら』09・4月号感想

 2009-03-13
 今回は再びエロス大王に認定された元巻さん(『ふおんコネクト!』)がMVP(何それw)。

『まんがタイムきらら』09・4月号感想 の続きを読む

関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 古い記事へ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。