スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららキャラット』08・7月号感想(その1)

 2008-05-30
 ここ最近は字数が多すぎる、と自分でも思っていたので、初心に帰ってシンプルにいきます。
 ……そう思っていたのですが、あれこれ書きたくなってしまうんですよねぇ。
 (6月3日:追記分あり)

『まんがタイムきららキャラット』08・7月号感想(その1) の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :まんがタイムきららキャラット トラックバック(-) コメント(0)

『まんがタイムスペシャル』08・7月号感想(その2)

 2008-05-29
暫定的に2回に分けました。
・『えすぴー都見参!』
・『先生はお兄ちゃん。』
・『ふたご最前線』
・『勤労オトメ手帖』
・『きらきら、てくてく。』
・『24時間サンシャイン!』
の6作品の感想です。

『まんがタイムスペシャル』08・7月号感想(その2) の続きを読む

関連記事
カテゴリ :まんがタイムスペシャル トラックバック(-) コメント(0)

『まんがタイムスペシャル』’08・7月号感想(その1)

 2008-05-27
うすうす気がかりだったので、分割してみました。
というかもっと字数削らないといけませんかね。
・『スーパーメイドちるみさん』
・『ベツ×バラ』
・『花の湯へようこそ』
・『ゆたんぽのとなり』
・『なでしこ3on3』
・『はっぴぃママレード。』
の6作品の感想です。

『まんがタイムスペシャル』’08・7月号感想(その1) の続きを読む

関連記事

逃がしたゲームは大きくて&ゲーム思い出話LIte

 2008-05-25
 ちょっとお金に困ってきたので(笑)、手持ちのゲームを売ろうかと箱を引っ掻き回してみました。
 でもいざとなると売る決心が鈍ります。
 最近は殆ど遊ばなくなったにもかかわらず、ですが。
 いざソフトを手に眺めてみると、楽しく遊んでいたときの想い出がよみがえるからです。
 あと単純に、一度手放したゲームに限って、高値が付いてしまいますからw
 
 もう二度と遊ぶつもりが無いから手放したはずなのに、なぜかもう一度遊びたくなるときが訪れます。
 そんな時に「もう一度買えばいいや」と思っていると、定価前後の値段で売られていることが多いんですよ。
 手元にあるソフトは、それほど高値が付いてないのですけどね。
 誰に呪いをかけられたのでしょうか(笑)。

 それを考えると、最近遊んでいないとはいえ、手放すのがためらわれます。
 箱に入っているのを全部売ったらいくらになるかなあ……と考えたりもしますけどw

 そんなわけで(?)勝手に極私的面白ゲームベスト3の発表です。唐突ですね。
 まずは第3位!
 「プリンセスクラウン」(サターン・アトラス)
 いきなり「何それ?」と思うかもしれませんけど、いいですよこれ。
 横スクロールのアクションRPGですが、丁寧に描かれたドット絵の美しさがまず素晴らしいです。
 キャラクターも背景も、中世ヨーロッパ的な雰囲気をプレイヤーにはっきりと伝えてくれています。
 キャラクターの動きもいきいきとしている印象が強いのですが、久しく遊んでないので美化されている部分があるかもしれませんけどw
 このゲームは本編をクリアするまでにけっこう時間がかかった記憶がありますが、さらに4つほどのおまけストーリーもあり、そう簡単には終わりませんでした。
 おまけの方はさほど時間はかからなかったのですけどね。
 基本的にはクリアできればいい、と考えている私も、全部のアイテムを出そうと必死になったものですw
 かなりの割合を出せたと思いますが、記憶の彼方ですので(笑)。
 今遊ぶとなっても、クリアできる自信も気力も時間も無いですけどね。
 PSP版もでてますが、未プレイです。

 続いて第2位!
 「悪魔城ドラキュラ」(ファミコン・コナミ)
 現在も新作が出ているドラキュラシリーズの元祖です。
 難しいとの声もありますけど、ゲーム下手な私でもクリアできますから、それほど難しくは無いと思います。
 とはいえ、ノーコンティニュークリアはできませんが。難しいです。
 敵の出現位置とか動きとかを覚えて、サブウエポンを駆使すれば何とかなるんですけどね。
 ってそれはほとんどのゲームに言えますかw
 音楽も素晴らしいゲームで、内容や画面に合ったおどろおどろしさはもちろん、それとは相反する軽快さや勢いが見事に表現されているのが好きです。
 歴代シリーズ作には、少なくとも1曲はアレンジされたものが入っているくらいですから。

 そして輝く第1位!
  「スターソルジャー」(ファミコン・ハドソン)
 高橋名人の16連射も一緒に思い出される、今遊んでも楽しいシューティングゲームです。
 これが発売された年の夏、全国でキャラバンなるものが開催されて、私も友人と一緒に参加しました。
 結果は予選落ちでしたけど、デパートの催し物広場に100人くらいが集まっていたあの興奮は、今でも覚えています。
 残念ながら高橋名人は来なかったんですけどね。あの時は何名人が来たのかなあ……。
 折りあるごとにリメイクや新作が出ているソフトで、最新作はWiiウェア用の「スターソルジャーR」らしいです。
 でも私はWiiを持っていないので詳しくは分かりませんけど……。
 過去のゲームがお手ごろ価格で配信されているので、Wii一台があれば、他のゲーム機は不要かも、と思うのですけどね。
 でも実機で遊ぶのが一番よかったりするのですが。手軽さを取るか、本物の重みを取るか。難しい選択を迫られて……はいませんがw
 音楽もとても大好きでして、全編アップテンポでノリが良く、勢いあふれる曲はシューティングの音楽のお手本と個人的には思っています。
 ゲームオーバー時の音楽と、全部クリアしたときの音楽が同じなのが不思議ですけどw

 ちなみにこのベスト3は今の気分で選びましたので、後でやればまた変わるかもしれません。
 というか、この記事自体後で消すかもしれませんが。
 たまにはこういう思い出話をさせてくださいw
関連記事
カテゴリ :雑記 トラックバック(-) コメント(0)

『まんがタイムきららMAX』’08・7月号感想

 2008-05-24
 週末になると雨になるのは、何かの呪いでしょうかw
 それはさておき、表紙は梅雨時らしくも華やかさ漂う感じです。
 こうした光景にお目にかかりたいですが、現実はどうかと言いますと……(笑)

(20:25追記)
 Voyagerさんのブログ、「日記といふもの」まんがタイムコミックスキャンペーン in くまざわ書店の記事にて、
既に真田一輝先生のサイン会予約受付が開始されていることを知りました。
 急いで電話予約しましたが、まだ大丈夫でした。
 この場を借りて、Voyagerさんにお礼を申し上げます。ありがとうございました。

『まんがタイムきららMAX』’08・7月号感想 の続きを読む

関連記事

良い事いっぱい welcome to me!

 2008-05-23
 気がつくともう週末ではないですか。
 今週は漫画関係でいろいろいろいろ買いましたよ。
 きららMAXにタイスペ、やっと「ぽこぽこ」2巻(笹野ちはる先生)、あと岬下部先生の「レベル4」。
 これで「ぽこぽこコーヒー気分」2巻発売記念企画の携帯待ち受け画像も手に入るわけです。

 雑誌の感想なら何とかなりそうですが(MAXの感想は現在絶賛執筆中!w)、単行本はちゃんとしたのを書きたいですから。そう言ってると書かないまま過ぎてしまいそうですけど……。

 寺本薫先生の日記にてアップされている、「ふるーつメイド」の蜜柑さんのイラストをPCの壁紙にしてます。全体的に落ち着いた色合いですねー。
 「ケータイまんがタウン」に最近加入しましたので、ここにて連載中の「ふるーつメイド」の感想も書きたいところですけど、なかなかままなりません。蜜柑さん大活躍(ぉ)。
 どうしてこう時間が足りなくなってゆくのでしょう。誰か私にそっと教えて下さい。

 「コミックハイ!」の懸賞も届いてましたっけ。 「コミックハイ!mini」ですよ。
 「100名だからありがたみ無いんじゃないの?」と思うあなたは甘い!(笑)。
 100名でも外れるときは外れますから(経験者談)。
 個人的に注目していたのは師走先生の作品ですけど、すごいですね、これ。
 「あいたま」とは全く関係ないですし、ストーリー形式ですし。 
 焦ってネットオークションで落札しようとしなくて良かったです(笑)。
関連記事

Tomorrow never knows

 2008-05-18
 つらつらとネットサーフィン(古いな)をしていたら、
真田一輝先生の日記(5月13日)に、6月7日(土)、八王子のくまざわ書店にて
サイン会が開かれることが書かれてました。
 今月の末に『落花流水』3巻が出ますからね。
 行ければ行きたいものですけど……。
 明日のことなど誰にも分からないので何ともいえませんが。
 
 初めて行った師走先生のサイン会では挨拶とお礼以外は全く話せず、
 鬼八頭先生のサイン会のときは上記+一言のみ、
 岬下部先生のときは上記+二言と着々と話せるようになっているので、
 真田先生の時にはもう少し話せるようにしたいところです。
 オレに勇気を分けてくれー!!w
関連記事
カテゴリ :雑記 トラックバック(-) コメント(2)

『まんがタイムラブリー』’08・6月号感想

 2008-05-16
 「6月号」だけあってか、梅雨時のネタが目立ちましたね。
 でもそれぞれ全く切り口で、楽しめました。

『まんがタイムラブリー』’08・6月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムきらら』’08・6月号感想

 2008-05-15
 今回は2作品が連載終了なんですよね。少し寂しいものが。
 『棺担ぎのクロ。』は休載ですし……。

『まんがタイムきらら』’08・6月号感想 の続きを読む

関連記事

待ち遠しいのは

 2008-05-12
 夏休~み~♪ ではなくて。
 もう夏休みなど遠い日の花火のようです。
 
 芳文社公式サイトのコミックス・書籍情報で7月分の情報が載っているのですが
その中に白雪しおん先生の「-そら-」(1 巻)と「にこプリトランス」(3巻)、
寺本薫先生の「Recht~レヒト~」(2 巻)の情報が個人的に気になりますね。
 それにしても「にこプリ」と「Recht~レヒト~」はその前の巻が出てから
そう経っていない気がしますけど、それなりにストックがある感じですから。
 でも人気が無ければ出ないこともあり得ますから、素直に嬉しいですな。
 今から待ち遠しいものです。

 本日は笹野ちはる先生の「ぽこぽこコーヒー気分」2巻の発売日でしたけど、近所の書店には無いですし、売っているところにはしばらく行けそうに無いですし……。
 え? ネット通販? 送料やら代引き手数料がネックですよねー。
 
 本当はやらないといけないことがあるのですけど、そんな時ほどこうして記事を書きたくなるのはなぜでしょうか。現実逃避ですかそうですか。なかなか大人にはなりきれませんな。
関連記事
カテゴリ :雑記 トラックバック(-) コメント(2)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 古い記事へ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。