スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららキャラット』’08・2月号感想

 2007-12-30

『まんがタイムきららキャラット』’08・2月号感想 の続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

冬コミ1日目行ってきました

 2007-12-29
 今日から冬コミが始まりました。
 3日目だけ行こうと思っていましたが、急に気が変わり初日の本日、行って参りました。

 購入物は、藤島じゅん先生の所で販売されていた『はたらく人々二〇〇七』と『今日のふじしま(1)』と同(2)。
 そして黒い長袖Tシャツでした。勿体無くて着れないのがこの手のグッズのお約束と言う事で(笑)。
 
 他には『Sのコミックハイ!』と『Mのコミックハイ!』。
 師走先生のを目当てに買いましたが、期待に違わず楽しめました。
 二つとも異なる内容ですが、一応対になるようにはなっています。 雪乃さんが出ていないのが、個人的には残念でしたけど(笑)。
 とまちゃんは登場しますので、ファンの方はチェックをば。
  
 カタログも買っていませんでしたし、殆ど事前情報もないままに、
いわば行き当たりばったりで行ったので、ごく少数の所しか行っていないにもかかわらず、結構疲れましたね。

 やはり人は多かったですし、西と東はえらく離れていますし。
 外はそれなりに寒いですが(それでも今日は暖かいほうだったのでは)、
中は暑いので寒暖の差が激しく、それで体調を崩しそうになったり……
 でも欲しいものは買えたので良かったのですけど。

 ちょっとのどが痛いですが、何とかなるでしょう。
 明日は家で大人しくしていますw
関連記事

『うぃずりず』2巻購入&感想

 2007-12-27
うぃずりず2巻
 
 私が密かに応援している漫画家さんの一人、里好先生の『うぃずりず』2巻を購入しました。
 (発売されたのは26日でしたけど)

 本編は、『まんがタイムきらら』で既に読んでましたし、
『まんがタイムきららフォワード』2007年10月号に掲載分の
作品(28ページ!)も読んでましたので、描き下ろし中心に読みました。 
 よって、描き下ろし分の感想となります。

『うぃずりず』2巻購入&感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムスペシャル』’08・2月号感想

 2007-12-25

『まんがタイムスペシャル』’08・2月号感想 の続きを読む

関連記事

冬に聴きたいこの1曲

 2007-12-24
 冬になると無性に聴きたくなる曲があります。
 それは「Walking in the air」という曲。
 イギリスのアニメ『スノーマン』の中で流れる曲ですが、とにかく大好きな曲です。
 

冬に聴きたいこの1曲 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムきららMAX』’08・2月号感想

 2007-12-22

『まんがタイムきららMAX』’08・2月号感想 の続きを読む

関連記事

読み手はどこまで言ってもいいのだろうか

 2007-12-22
 いかりや長介氏の自伝『だめだこりゃ』を読んだのですが、実に興味深い本でした。
 (今更といえば今更ですけど……)

 特に印象的だったのは、やはり「全員集合」にまつわるお話。
 高視聴率を稼ぎながらも、PTAなどからは「低俗番組」のレッテルを貼られ、
所詮は子ども向けの笑い、と言われながらも、いかりや氏が必死になって
質の高い「笑い」を生み、演じていた事がひしひしと伝わってきます。

 我々、演じ手は失敗すると次の日から街を歩けなくなる恐怖が常にあった。
「ウケないかも知れないけどやるだけやってみようよ」というような
ネタではダメなのだ。一度こっきりの生本番なのだ。
(文庫版、121ページ~122ページ)

 という言葉がその事を象徴しているように思います。

 観る者を笑わせることがいかに大変か、という並々ならぬ苦労が伝わってくるのですが、
これはコメディアンに限らず、小説家や漫画家にも言えることでして。

 一方、作品を受け取ったり、接する側はどうかと言いますと、
面白いものを面白いといい、つまらないものはつまらないと言う。
 それはそれで普通というか、よくあることではあります。
 ですけど、作者が苦労して生み出した作品を、あっさりと「つまらない」
と言うのはどうだろう、という思いがあるのも事実です。

 遠慮なく言う方が、より良い作品を生む事につながるかもしれません。
 ですけど、これは言い方が実に難しいですね。単なる暴言であってはなりませんし。

 言われる方も納得できて、かつダメージを受けにくいように
配慮する必要があるのは言うまでもありません。

 今の私にはそこまでの力量・知識が乏しいので、つまらないとか
ここは良くないという意見は、「今は」書いてません。
 たまにあるかもしれませんが……。

 「今は」とあるのには事情があります。
 このブログを始めてしばらくは、気に入った事もそうでない事も
遠慮なく書いている方でした。
 ただ、後で読み返してみて、後者はあまりいいものではないな、
と思ったので次第にそうしたことは書かなくなりましたけど。

 今はお気に入りの事を中心に書いてますが、この方がやはり
書いていて気分がいいです。
 恐らくは読まれる方も、そう不快になる事はないのではないかと思います。
 まあ、人によっては「この偽善者め」と思う方もいるかもしれません。

 作品の面白さとつまらなさを両方きちんと語れれば一番いいのでしょうが、
読み手もそれなりの力量・知識が無いと、批判は中々難しい。
 自分の読み手としての力量は、これからも上がる事はないでしょうから、
今まで通りお気に入りについて語ることになるのでしょう。
 仮に上がったとしても、やはりお気に入りの事を書く方がいいので、変わらないとは思いますけど。

 何だか自分で自分のハードルを上げてしまった気がしますね。
 まあ自分で上げたハードルは自分で下げます。
 こんな調子では、天国で長さんが「だめだこりゃ」と言っている気もしますが(笑)。
関連記事

『カギっこ』1巻(著:山口舞子)感想

 2007-12-17
カギっこ1巻
 今年に入ってから知ったこの作品ですが、じんわりと心温まる作品だと思います。
 もしお時間がございましたら、この文章によろしくお付き合い下さい。

『カギっこ』1巻(著:山口舞子)感想 の続きを読む

関連記事

『まんがライフオリジナル』’08・1月号感想

 2007-12-15

『まんがライフオリジナル』’08・1月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムラブリー』’08・1月号感想

 2007-12-14

『まんがタイムラブリー』’08・1月号感想 の続きを読む

関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 古い記事へ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。