スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

私がブログをやる理由

 2007-09-29
 つらつらとお気に入りのサイト(ブログ)を回っていると、私の興味を引く記事を見つけましたので、ご紹介がてら、それを読んで私が感じたことなどをこれまたつらつらと書き連ねてゆきます。
 お時間のある方はどうぞごゆるりと。

 Good_Hopeさんという方の「Good_Hopeの日記」というブログに書かれていた記事です。
(現在閉鎖されている模様です)
 
 「これから感想サイトを始めたいという人へ」
(こちらも現在閲覧不可)

 ここに書かれていることは多くの方にとっては心すべきことなのですが、私にはあまり縁のないことですね。
 確かに感想サイトに求められるのは「速さ」と「的確な解釈」です。
 でも私は書きたいことを書きたいように書く、という至って単純な理由で書いています。
 ですから、プロフィールにもありますが、発売(発表)されてから時間が経ったものでもおかまいなしに感想を書いたりします。
 (事実書きたい感想は幾つもあるのですが、上手くまとめられないので書けない有様ですけど)
 しかも内容は小学生の感想文レベルですし。

 書きたいことを書きたいように書く、というポリシー(?)ですので、他の方々の感想を読んでから書く、ということはまずしません。
 読んでしまえば、自分が書く必要がなくなりますからね。
 「なるほど、そうなのか」とか、「そうそう、そう思うよね」という思いで満たされてしまえば、自分が書く必要は無いわけですから。
 でも、「そうかもしれないけど、俺はこう思う」と思えば書く意味もあるかな、という気にはなりますけれど。

 極論すれば、自己満足以外の何者でもないんです。私が感想を書くということは。
 このブログの記事を読んでくださる方もいらっしゃるのでしょうが、幸か不幸か反応はありませんし、このブログを訪れる方自体もごく少数ですし。
 その点では、気楽に書けるというものです。
 はてなダイアリーに書けば、多少はアクセス数も伸び、反響も無くもないでしょうが、私のは小学生レベルの感想文(と文章力)だから、それも有り得るはずも無く、このままでいいかな、と思うわけですよ。

 まあ、自分が書きたいことを書きたいように書ける、というのが私がブログを続けていられる理由でしょうね。
 これがいろんな人の反応を気にしながら書かないといけないとなると、書かないほうがマシですから。
関連記事
スポンサーサイト

『まんがタイムきらら』’07・10月号感想

 2007-09-28

『まんがタイムきらら』’07・10月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタイムラブリー』’07・10月号感想

 2007-09-24

『まんがタイムラブリー』’07・10月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがタウン』’07・10月号感想

 2007-09-24

『まんがタウン』’07・10月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがライフオリジナル』’07・10月号感想

 2007-09-23

『まんがライフオリジナル』’07・10月号感想 の続きを読む

関連記事

『まんがライフMOMO』’07・10月1日増刊号感想

 2007-09-23

『まんがライフMOMO』’07・10月1日増刊号感想 の続きを読む

関連記事

有志による『あいたま』待受画面

 2007-09-16
(2011年10月1日:久々にチェックしたらリンク切れになってました。ですがこういうのもあったよ、ということでこの記事を残しておきます。)

 師走先生のブログに、ユソチさんという方が作られた『あいたま』のキャラが出てくる携帯用待ち受け画面がダウンロードできる、という記事がありまして、早速ダウンロードしてみました。

(・以下ダウンロード先のアドレス。PC用。)
    http://lain.chips.jp/ktai_flash/bbs/yybbs.cgi(注:2011年10月現在リンク切れ)

 ・トップ上のQRコードから入るか、上記のアドレスを携帯に直接入力
              ↓
       [5]【あいたまcolors】を選択
              ↓
      [swf:95.6KB]か[swf:84.1KB]を選ぶ
 
 最初の表示時にあいたまのロゴが出るものとロゴが出ないものの2種類がありますが、それ以外は同じ仕様みたいです。 
 3種類の画面がランダムで表示されるようになってます。
 (いずれも曜日と日時表示有り)

 1.『あいたま』ロゴと歩くあい
 2.あい、樹里、ひよこの3人が登場
 3.雪乃、蓮、はみちゃんの3人が登場

 基本的にはどのキャリアでも動くようですが、私が使用している機種(ドコモ)では表示されて10秒ほどするとフリーズしてしまいます(何かキーを押せば復活しますからいいのですが)。

 世の中にはこうしたものを作れる方もいらっしゃるのですねえ……
 作成ソフトの使い方はそう難しくないのかもしれませんが、ハイテクには疎い私にはさっぱりですね。
関連記事

『まんがタイムきららフォワード』’07・10月号感想

 2007-09-14

『まんがタイムきららフォワード』’07・10月号感想 の続きを読む

関連記事

『-そら-』の登場人物の名前について考える

 2007-09-12
(07・12・11 追記有り)

 毎度のことですが、今更ながら気づいたこと。
 『まんがタイムきらら』にて連載中の『-そら-』(白雪しおん先生)の登場人物の名前は、
所属している部署と関係があるのですね。
 (ただし、ある時期から登場したキャラはそうではないようです)

 更には、苗字にもちょっとした秘密(?)が込められていたのでした。
 以下、調べてみたものをまとめてみました。あくまでも私が勝手に
「こうではないか」と思うことに過ぎません。あしからず。

 ◎ソラ=アサツキ(空組)
 ・ソラ:空(まんまですな)
 ・アサツキ:チャイブ(食用植物。ネギの仲間)の変種。
 ◎シエル=ミルクシスル(空組)
 ・シエル:フランス語で「空」
 ・ミルクシスル:肝機能改善のサプリメントとして利用されるハーブ。
 ◎エルデ=フェンネル(陸組)
 ・エルデ:ドイツ語で「大地」「地球」
 ・フェンネル:若い葉、種子はハーブとして用いられる。
        果実は芳香健胃作用がある(太田胃散にも用いられている)。
 ◎イルマ=マーレイン(海組)
 ・イルマ:「イルマーレ」で、「海」を意味するイタリア語。
 ・マーレイン:花以外に僅かな毒性がある。
         古代ギリシャ神話に魔法のハーブとして登場するらしい。
 ◎アース=エストラゴン(陸組)
 ・アース:「大地」「地球」を意味する英語。
 ・エストラゴン:フランス語。薬草、スパイスとして用いられる。
 ◎ミズノ=ルー(海組)
 ・ミズノ:「水」との関連?
 ・ルー:かつては薬味として利用されていたが、今は根を染色の材
     料にしたり、花をドライフラワーにする。
     中世ヨーロッパでは、「ハーブ・オブ・グレイス(神の恩
     恵のハーブ)」と呼ばれていた。

 こうしてみると、日本語、英語、フランス語、イタリア語,ドイツ語と色々な言語が用いられてますね。
 苗字は食用植物、ハーブ、薬草として使われる植物から取られているようです。
 もしかしたらそのうち、中国語やロシア語を用いた名前のキャラも登場するかもしれません(勝手な想像ですが)。

・本記事作成に参考にさせていただいたサイト様のリンク
 ・チャイブ
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%96
 ・エルデ
  http://home.kobe-u.com/erde/i/syokai.html
 
 ・フェンネル
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
 ・ミルクシスル(和名:マリアアザミ。ミルクシスルは英名)
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%9F
 
 ・イルマ(「イルマーレ」という韓国映画の説明の中にあります)
  http://scrapbook.ameba.jp/hanryu_book/entry-10014283370.html
 ・マーレイン
  http://kitola.hp.infoseek.co.jp/dokusou/marein.html
 ・ルー
  http://www.yasashi.info/ru_00005g.htm
 
(07/09/13 いくつかリンク先を間違えてましたので、訂正しました。申し訳ございません……)

(07・10・2追記) 
 『きらら』10月号にて、新たに名前のついたキャラとしてもう一人「コテツ=ヒナゲシ」が登場しているわけですが(初登場はその前からですけど)、このキャラは法則崩し……ですかね。
 「ヒナゲシ」は花の名前ですからいいのですが、「コテツ」と所属する組(陸組)との関連が不明。
 調べた範囲で無理矢理関連付けるなら、「コテツ」に含まれる「テツ」は漢字で書くと「轍」で、「通った車が道に残した車輪の跡」という意味なので、一応陸(地面、大地)と関連無くは無いですが……これでは弱いですね。

 むしろ、コテツと聞いて『じゃりん子チエ』に出てくる、チエの飼い猫「小鉄」を思い浮かべたのですけど。「コテツ=ヒナゲシ」もネコ耳、猫シッポがついてますし。

(07・12・11 追記)
 12月号では双子の職員(?)の名前が明らかになり、1月号では新キャラが登場しています。
 これらのキャラの名前についても、少し調べてみました。

◎クラウン=タイム
◎リューズ=タイム
 陸組課長補佐の双子さん。
 タイムは、ハーブの名前でしょうね。

 クラウンとリューズは、恐らく「陸」とは関係無いかと思います。
 でも、双子であるだけに、この二つの言葉には関係があったり。

 クラウンは、腕時計の「竜頭」のことで、「りゅうず」では字面がよろしくないので、
「リューズ」としたのかもしれません。
 時計の部品繋がり、ということになりますね。

◎ルーベル=ジプシーワート
 1月号から登場の空組補佐の男性。
 この人の名前も「空」との関係はなさそうです。

 ブルーベリーの品種の一つに「ルーベル」というのがあります。
 アントシアニンが普通のブルーベリーの2倍あるということです。

 でも、他にもルーベルという名前の何かがあるかもしれません。

 「ジプシーワート」は、ハーブの名前。
 こちらのサイトに詳しいことが書かれています。

・今回参考にしたサイト様
・クラウンについて
 http://mr-coo.com/kiso/crown.html
・ルーベルについて
 http://www.blueberryhouse.com/v001/var02/list.asp
 http://www16.plala.or.jp/luckyhit/mametisiki/mametisiki.html
関連記事

うごうご4コマが楽しい

 2007-09-10
 芳文社の「まんがタイムきららWeb」にて、月一度のペースで更新されるコーナーの一つ、
「うごうご4コマ」が楽しいです。
 既に10回目なのですが、タイトル通り「動く4コマ」という趣が新鮮だと思うのです。
 先に記事にした「デイリー4コマVS竹書房」などのようにネットで見られる4コマ、というのはありますが、動く4コマは(多分)「うごうご4コマ」だけでしょうね。

 この「うごうご4コマ」を作られているのは、『まんがタイムきらら』にて「うぃずりず」を連載されている
里好先生なのですが、4コマのお話だけでなく、フラッシュムービーの部分も担当されているとのこと。
 つまり全部ですね。
 ちなみに内容は「うぃずりず」のキャラが登場する、本編同様の緩やかでまったりとした雰囲気の和み系です。

 1回目は台詞表示のテンポがややゆっくり過ぎる気もしましたが、それ以降は改善されてテンポが良くなりました。
 回によっては昔の映画フィルムを再生しているかのような効果(フィルムに傷が入っている様子)も使っていて、実に凝っています。
 音はありませんが、無理に入れる必要もない気がします。

 フラッシュムービー以外にも、普通の4コマとしても見られるようになっているので(最新の回のみ)、それぞれの表現方法の持ち味の違いから来る楽しみを味わえるわけです。
 1粒で2度おいしいというか(何か違うかも)。
 お話は同じなのに、表現方法が変わると印象も変わりますね。
 動きがあるほうがにぎやかですが、4コマの形式はじっくり見たいペースで楽しめますし。
 気分次第で楽しみたい方を楽しめるわけです。

・最新のうごうご4コマを見られるページ(右上にあります)
  http://www.dokidokivisual.com/
・バックナンバーが見られるページ(下のほうにあります)
  http://www.dokidokivisual.com/appear/
関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 古い記事へ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。