スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ちるみさん最終回お疲れさまです!『スーパーメイドちるみさん』最終回感想(まんがタイムスペシャル』2014年1月号)

 2013-11-26
早いもので雑誌の世界では2014年の1月ですね……。
まんがタイムスペシャル201401

今回の『まんがタイムスペシャル』の感想は、
「スーパーメイドちるみさん」の最終回、これに尽きます。

○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子さん)

ちるみさんが初登場したのは、2000年の『まんがタイムジャンボ』2月号。
それから2年近くの間があいたものの、
それ以降10年以上に渡り連載され続けてきたのですから
とにかくお疲れ様でしたとしか……!
(しかも一時期3誌同時掲載という時期も!)

連載が続くうちに新しいメイドさんも増えて、
これからもずっと続いてゆきそうな気がしていただけに
連載が終わってしまうのは残念ですね……。


◆まずはシリアスな前半、爽快感ある後半の対比が見事だった前回の感想から


前回は、突然大樹たちの前から姿を消したちるみさんを
大樹やちゆりさんたちが助け出そうとする内容。
全体的にシリアスで思いお話でした。

そもそもちるみさんが本部に捕まってしまったのは、
メイドと主人との恋愛は禁止だからという理由。
(ということはちるみさんは大樹の事が……)

大樹は紅林さんを振った自分を許せなかったことや、
ちづる部長がちるみさんに言った
「あなたは最期まで 本当に可哀想なメイドでしたわ」という言葉、
そのあとのちるみさんの涙や、
大樹の頼みを断らざるを得なかった漆田さんの苦悩……
中盤までは本当に重い展開が続きます

ですがそれ以降の、ちふゆさんがちるみさんを助けようとする場面から状況が一変(ちふゆさん男前!)。
漆田さんもちゆりさんも(最初は麗子さまのためにと断りますが)加わり、
3人の前に立ちふさがるちまき教官も見事に突破し(わざと通したのでしょうけどw)、
メイド友情パワーを次回で見せ付けるぜ! 的な展開で終わったのが前回でした。
重苦しく緊迫感ある展開と爽快感の対比が見事なお話でした


◆みんないい笑顔の大団円! な最終回!


……と長々と前回のあらすじと感想を書いたところで、ようやく最終回の感想を。
結論から言いますと、大団円でよかった! というのはもちろんですが、
前回の展開(緊迫感と爽快感の対比)と比べて少しだけですが、
あっさりした展開だったかな、とも思いました。
ちるみさんはじめみんなご主人様と再会できて良かったのですが!


ここからはあれこれ感想を書きますよ。

・1本目
タイトルに一瞬「?」と思ったものの、1巻の5ページ目の内容と分かって納得。
手元の1巻と見比べたところ、絵柄の違いに思わず吹くw(ごめんなさい……!)
ただし、ちるみさんの回想なので、至ってシリアスです。

・2、3本目
でもあっさり大樹登場で雰囲気が変わる(笑)。
尾行したのに気づかれず存在感の無さに落ち込んだり、
かと思えば実はばれていてトラップにはまったりと散々な大樹ですw

・4本目
他のメイドさんたちもちるみさんを助けようとしていたと語る大樹、
自然とちるみさんの手を取っているのが良い場面ですね……!

・5本目
しかしちゆりさん登場で良い雰囲気が消えたw
さらに大樹に恥ずかしい台詞をさらっと言いますし(笑)。

・7本目
ちづる部長から柵は絶対に壊れないと聞いた大樹とちるみさん、
普段壊されている&壊しているものが作れないかと余裕ありますねw

・8本目
とっさに出た大樹のアイデアは、ちるみさんの隣の牢屋に入ること。
そんな大樹にちづる部長の言葉は容赦ないです(笑)。
ちゆりさんのツッコミも厳しいw

・9本目
紅林さんの気持ちに気づけなかったことで、自分を責める大樹。
罪滅ぼしに自分もちるみさんと同じ立場になろうとするのがカッコイイです。
大樹も決める時は決めますね!

・10、11本目
大樹のちるみさんへの「真実の愛」に涙するちづる部長。
ちゆりさんもそんなに驚かなくてもw
そしてあっさり手動で開く柵w

ですがここで10本目のタイトル(「長い長い間」)と
4コマ目の髪の長いちづる部長の後姿が気になりました。
ちづる部長、一体何者でどんな人生を送ってきたのでしょう……?

そしてちづる部長も自分たちメイドとは何かを
ずっと考え続けていたという事実。
もし大樹がちづる部長の悩みに答え
(もしくはヒント)を与えたとしたら、大樹もやりますね!

ここまで良い場面だったのに、
お風呂に入っていなかったことを気にするちるみさんへの
大樹の言葉にちょっと引きました(笑)。
ナースフェチだけでなくにおいフェチの属性も身につけてしまったか……!w
ちゆりさんのツッコミが鋭いのも仕方ないですw

・12本目~ラスト
無事帰還したメイドさんたちを待っていたのは
ちまき教官とメイドさんたちのご主人様たち。
ちまき教官、無理しなくてもいいんですよw

ご主人様と再開できたメイドさんたちの反応ですが、
ちゆりさんと漆田さんはいつも通り素っ気無いですね(笑)。
ちふゆさんはいつものように甘々ですw

そしてちるみさんは……
さっそく玄関の花瓶を壊してしまいますが、
そんなことなんて問題なく、
無事に帰ってきたことが嬉しくて仕方ない、そんな思いが
「おかえり!!」に込められていると思いました。
本当にみんな良い笑顔です。


ついに「スーパーメイドちるみさん」が最終回を迎えてしまいましたが、
単行本最終巻が来年の1月に発売予定ですので
まだ本当のお別れには時間がありますね。
ですが10年以上、毎回面白いお話を生んでくださった師走先生には
ありがとうございました、と申し上げたいです。

ちなみに次号(2014年2月号)には、『まんがホーム』にて連載中の
「ようこそ!オーロラ百貨店」特別編が掲載されるとのこと。
ちるみさんとのコラボがあればより嬉しいのですが、どうでしょうね。
もちろん「オーロラ百貨店」も好きな作品だから歓迎ですよ!

スポンサーサイト

『まんがタイムスペシャル』2013年・10月号感想

 2013-09-05
スペシャル20130822


○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子さん)

順番が逆になりますけど、
ラストでのちるみさんの反応に驚きました。
大樹の思い切っての告白を、戸惑いもせずアッサリと受け入れるところに。
大樹にとって悪いフラグが立ったような……(笑)。

そして今回のメインとなる紅林さんについてですが、
残念ではあったけど吹っ切る事ができたし、人間的に成長したように思います。

大樹も紅林さんを傷つけまいと気を遣っていたけど、
紅林さんはそれ以上に大樹を気遣いましたから。
もちろん大樹も偉いですけどね。
しかし今更ナースフェチをカミングアウトしても(笑)。

紅林さんが帰宅して、ちゆりさんとの場面では
適度に笑いも交えつつも、物悲しいものがありました。
大樹を「レベルの低い男」呼ばわりするちゆりさんがひどいですがw

それにしても大樹とちるみさん、どうなるのでしょうね……。


○「ナースドールまりあ」(しまださん)

まりあが不機嫌な理由を探る四郎。
周りの人たちに尋ねてみますが、
山岡の言葉で気づくくだりがいいなと思いました。

「ウソとか隠し事するようなコ」ではない
まりあですから、四郎のせいではないはずなのに、
焦ってそのことを見失っていたことに気づいた四郎。
それなりに長い(?)付き合いだし側にいるけど、
見失う事もありますからね……。


○「ゲキカラ文化交流」(沼江蛙さん)

メルマガを始めたアキさんですが、
「書くことない(笑)」ならなぜ始めたと小一時間ほど(略w

みゆきの携帯の機種やメール着信音が気になったのは、私だけでしょうか(笑)。


○「ピンポン☆ブー」(藤島じゅん)

景二いいやつや……(なぜか関西弁で)。

部室をゲットするために部活破りをしようとしていた
クイズ研究会メンバー。
でも景二が、各部員が部室での楽しそうな様子を見るうちに、
「みんなの居場所を奪っちゃダメだ」と気づくあたり、
ええ話やと思いました。

なぜか万里穴さんしかいない生徒会室なら、
部室代わりにしても大丈夫でしょうけどね(笑)。


○「メェ~探偵フワロ」(ナントカさん)

探偵に憧れる少年・ヨシュアの奮闘が面白かった今回のお話、
アーサーのサポートがあったとはいえ、
決して小さくはない経験値を手に入れたのではないでしょうか。

ダニエルがフワロを探偵と認識してない場面に笑いました(笑)。
彼にとって、フワロとは一体何者なのか……w

『まんがタイムスペシャル』2013年・6月号感想

 2013-04-25
 『まんがタイムスペシャル』の感想を書くのも久々ですが、その間にだいぶラインナップが様変わりしましたね……。

 今回は少なめではありますが、

○「恋愛ラボ」(宮原るりさん)
○「ピンポン☆ブー」(藤島じゅんさん)
○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子さん)

の感想を書いてます。

『まんがタイムスペシャル』2013年・6月号感想 の続きを読む

『まんがタイムスペシャル』2011年・8月号感想その2

 2011-07-01
 『まんがタイムスペシャル』2011年8月号の感想の続きです。
 今号で「夏乃ごーいんぐ!」が最終回。お疲れ様でした。

 今回は

○「少女カフェ」(板倉梓先生)
○「えすぴー都見参!」(岬下部せすな先生)
○「夏乃ごーいんぐ!」(たかの宗美先生)
○「ケータイしてね!」(山内八子先生)
○「21時のシンデレラガール」(藤凪かおる先生)
○「強風記」(カラスヤサトシ先生)

の感想を書いてます。

『まんがタイムスペシャル』2011年・8月号感想その2 の続きを読む

『まんがタイムスペシャル』2011年・8月号感想その1

 2011-07-01
mts20110622.jpg

 今回は2回に分けますー。
 その1は

○「パンむすめ」(樹るう先生)
○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子先生)
○「ベツ×バラ」(曙はる先生)
○「じょしもん」(重野なおき先生)
○「たまのこしかけ」(荻野眞弓先生)

の感想を書いてます。

『まんがタイムスペシャル』2011年・8月号感想その1 の続きを読む

『まんがタイムスペシャル』2011年・7月号感想

 2011-05-23
mts20110521.jpg


 今号はいいなと思えるゲスト作品がありましたので、それについても触れてみました。

『まんがタイムスペシャル』2011年・7月号感想 の続きを読む

『まんがタイムスペシャル』2011年・6月号

 2011-05-19
mts20110422.jpg

「うさぎのーと」3巻CMまんが

 5月7日に発売の「うさぎのーと」3巻のCMですが、犬飼(弟)先生が提案する「つむりのーと」にグッと来ました!(笑)。いつ発売されますか?w

○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子先生)

 メイドシャッフル編、3回目にして最終回。
 笑い多目の中、ちおりさんが張り詰めた場所に居た過去と、「ぬるま湯」な今を比べて嘆く場面がいいアクセントになっていると思いました。すぐに笑いに変わるのですけどね。
 ちゆりさんと倉田先生のコンビですが、最後まで倉田先生が不憫で……(涙)。

・1本目
 ポーカーをする佐々木先生とちゆりさん。
 女同士で脱衣ポーカーですか(笑)。
・4、5本目
 夕ご飯を作ろうとするちおりさんに、対抗心むき出しなみずだ子さん(笑)。カチューシャまで装備w
 ちおりさんも「自分も食材にできるんですから」とは言いますねw
・7本目
 ちおりさん、またみずだ子さんに墨をかけられてしまいましたw
 待機に起こられてねじりまくられる姿も愉快です(笑)。
・8本目
 お風呂の中で、かつては本部で特殊工作舞台で暗躍してきた自分が、今は「ぬるま湯につかりきってる」と嘆くちおりさん。
 でも大樹の「お風呂ぬるくない?」の問いかけに「ちょうどいいです!!」と返すちおりさん、適温が一番!
・10本目
 部屋が狭いため、自分が台所で寝ると優しさを見せる倉田先生。
 なのに変態呼ばわりするちゆりさんがひどすぎるw
・11本目
 夜、ふすま越しに会話する二人。
 ちまき先生が寝ぼけて自分の布団に入ってくるという倉田先生に「私だって詩歌さまと一緒に寝たことないのに」とキレるちゆりさん(笑)。一緒に寝たことはなかったのですね……。
・12本目
 最後の晩なので、最後の着せ替えに付き合うことにしたちまき先生。
 うさぎの着ぐるみ寝巻きを切る羽目になって、内心優しい自分を責めるのでした(笑)。
・15本目
 無事原田家に戻ってきたちるみさん、服の前がはだけたまま……。大気も鼻血を出すはずです(笑)。


○「少女カフェ」(板倉 梓先生)

 いいなと思える場面がいろいろありました。しんみりする場面、微笑ましい場面。
 亡くなったお母さんに関するお話だからでしょうかね……。

 前回、葉月さんに携帯を届けると言って、急にお店を飛び出してしまったつくしちゃん。
 亡くなったお母さんの写真立てが倒れていたことに、(つくしちゃん含めて)一郎が気付かなかったために、お父さんはお母さんのことを忘れてしまったのではと思い、悲しさを紛らわすためでした。

 そして今回は、前半が残されたみおちゃんと一郎で、後半は戻ってきたつくしちゃんと3人でのお話です。
 いつもはおっとりしているみおちゃんですが、今回はしっかりしてますね。
 双子ならではの言わなくても通じ合える「何か」のおかげで、一郎よりも優位に立ってますし(笑)。
 そしてさらっとキツイことも言ってますけどw

 しっかりもののつくしちゃんに無理をさせていたのかもと思い、つくしが無事帰ってくるなり涙を浮かべてつくしちゃんを抱きしめる一郎。
 つくしちゃんに頭をなでられてますが、これはこれでいいかなと思いますw
 続いてみおちゃんがつくしちゃんを抱きしめて、珍しく慰めの言葉をかける場面もいいですね。
 更にはつくしちゃんの呼びかけで、葉月さんと宮嶋くんも一緒に抱きつくことに。
 宮嶋くんは一郎に抱きつくことになってますが(笑)。

 閉店後、つくしちゃんが食べたいものを食べに行くことを一郎が提案しますが、つくしちゃんが食べたいのは「おとうさんのパンケーキ」。
 お母さんが好きだったものが食べたいから、というのも健気さを感じますね……。
 もっともお母さんが好きなのは、パンケーキもですが、カツ丼など「何かオッサンっぽい」ものだそうですが(笑)。

 3人が食べに行ったのはカレーでした。
 そこでつくしちゃんに父親らしい言葉をかける一郎と、その言葉に素直に甘えるつくしちゃんの場面、微笑ましくて好きです。

 翌日、つくしちゃんが一郎に女性リピーター増加作戦の内容を提案すると、なぜか倒れたお母さんの写真立て。
 つくしちゃんは「似合わないからやめてってコトかな?」と思ったようですが、亡きお母さんの女性リピーターが増えて欲しくないという思いもあるのかな、と私は思ってしまいました。

・1本目
 お店を飛び出したつくしちゃんの様子を見に行った、常連の宮嶋くん。
 一郎はそれでも心配でたまらない様子ですが、みおちゃんは全幅の信頼を寄せているようです。
 「頼もしくてカッコよかったもん」ということですが……(笑)。
・3本目
 みおちゃんから、つくしちゃんが出て行った理由を聞かされて呆然とする一郎。
 その間にみおちゃんは注文をとっていたのでした。しっかりものですね。
 戻ってくるなり一郎に「お父さんってやっぱりニブイよね?」としたり顔で言う余裕も見せてます(笑)。
・4本目
 「お父さんがお母さんのこと忘れてるんじゃないか」と心配になったのかも、とみおちゃんが言うのを聞いて「そんなわけないのに…!」と言う一郎。
 そこに女性客たちの、男が「そんなわけねーだろ 言わなくてもわかれよ」と言うのに不満を持つ会話が聞こえてきたのでした。
 確かに物事は言わないと分かりませんからね。
・5本目
 みおちゃん、かなりきついことを(笑)。
・6、7本目
 今回一番グッと来た場面。
 つくしちゃんが無事戻り、涙を浮かべてつくしちゃんを抱きしめる一郎。
 無事戻って安心したのと、無理していたつくしちゃんに対する感慨などいろいろな思いがあふれたからでしょうか。
 妹のみおちゃんが姉のつくしちゃんを抱きしめて、なぐさめの言葉をかける場面、珍しいですし微笑ましいです。
 最後は葉月さんと宮島君も含めてみんな抱きつくということに。これも微笑ましいですが、宮嶋くんのポジションが気になります(笑)。

『まんがタイムスペシャル』2011年・5月号

 2011-04-15
まんがタイムスペシャル1105

『まんがタイムスペシャル』2011年・5月号 の続きを読む

『まんがタイムスペシャル』2011年・4月号

 2011-02-22
まんがタイムスペシャル2011・4月号

 前号を読んで続きが気になっていた「スーパーメイドちるみさん」ですが、素直に笑えるお話中心となって良かったです。少ししんみりする場面もありますけど……。
 「えすぴー都見参!」と「たまのこしかけ」は、ある意味新展開とも取れるお話だったのが印象的です。

『まんがタイムスペシャル』2011年・4月号 の続きを読む

『まんがタイムスペシャル』2011年・3月号感想

 2011-01-25
 「まんがタイムスペシャル」(以下「タイスペ」)の感想を書くのは丸一年ぶりのようで……。
 今年は気持ちを入れ替えて感想記事を書きます!(いや、そう気合入れるものでもないかな?)

 表紙だけ見ると、今までタイスペのイメージとはかなり違いますね。
タイスペ3月号


 ピンク色の背景で「恋愛ラボ」のリコが顔を赤らめながら、きれいにラッピングされた箱を差し出している図ですから。
 タイスペ、以前は女性向けだったと思いますが、今回の表紙を見ると完全に男性向けに感じました。でも中身は以前とあまり変わっていない感じでもあります。

『まんがタイムスペシャル』2011年・3月号感想 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 古い記事へ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。