スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

保守更新9月編

 2016-09-03
生存報告も兼ねて更新。
スポンサーサイト

『はじめ×くろす』3巻発売決定!

 2013-04-14
 現在まんがライフWINで連載中の「はじめ×くろす」(寺本薫先生)3巻の発売が6月7日に決まったそうです。
 寺本先生がツイッターで発表されました。わーい!

 1巻と2巻は5月に発売されていて、今年の5月発売分のリストには載っていなかったので心配でしたが、無事3巻が発売されるとのことで良かったです。

 これで新キャラの「藤みちる」さんも無事単行本でもお目にかかれるわけですね。
 あ、ちなみにみちるさんは、はじめさん……いや、はじめくんに恋してます。
 もちろんはじめくんが男ということは知りません(笑)。

 今回もどこかのお店で特典がつくといいな……などと思いつつ、発売日を待ちたいと思います!

「毛玉日和」1巻バナーキャンペーン参加の壁紙届いたー

 2011-10-25
 以前ぱれっとで連載されていた、櫻太助先生の「毛玉日和」単行本1巻発売記念のバナーキャンペーンに参加したお礼の壁紙を手に入れることができました。

 メインキャラクターと久々の再開となったわけですが、懐かしいですね。
 微妙に連載時と絵柄が変わった感じもしますけど、気のせいかな?
 個人的には、少しおつむが弱いけどかわいらしさとけなげさ満点のリス子が大好きなわけですが、もなかもコロンもそれぞれ違う面の可愛らしさを持ち合わせていて、結局皆大好きです!(節操無いな)

 櫻先生といえば、つい先日(10月21日)新創刊されたばかりの「月刊少年マガジン+(プラス)」で「NEAR BOYS」(「DEAR BOYS」のスピンオフ作品)を連載されています。
 気になるので雑誌を買って読んでみました。「DEAR BOYS」読んだことないですが……。
 本編を知らなくても普通に楽しめましたね。
 高校生の良くある(?)楽しい学校生活がイキイキと描かれていて、面白かったです。
 ショートストーリーが連なる形ですが、合い間に4コマ漫画も織り込まれていて、ここでの切れの良さから「ああ、やっぱり4コマ慣れしているだけあるなあ……」と思いながら読んでいました。面白いですよ。

 ちなみにこの作品、男性キャラが多く出てきますが、最初に絵を見た時、今まで女性キャラが多い作品に慣れていたためか少し「あれ?」と思ったものでした(笑)。

 話を「毛玉日和」のほうに戻して。
 櫻先生、壁紙ありがとうございましたー!(とここでお礼を述べてみる)

懸賞や全プレ(有料でしたが)が届いたり

 2010-09-04
 え、8月は全く記事書いていなかったの……! お久しぶりですこんにちは。
 久々の更新ですけど、普通の日記です。こんな日があってもいい。

 今日(もう日が変わったので昨日ですが)帰宅すると、郵便受けからはみ出した大き目の薄い物体が。
 何かと思って見てみると、封筒には個性的な「オリエントスリースター」シリーズなどを出している腕時計メーカー、オリエント時計さんのロゴが入っていまして。

 参考
 ・オリエント時計株式会社公式サイト:http://www.orient-watch.jp/
 ・スリースターシリーズ紹介ページ:http://www.orient-watch.jp/product/category/?category_id=64

 (スリースター紹介ページの商品は割とまとも気味なのが残念ですが……笑)


 思い当たるのはひとつ。2ヶ月ほど前でしたか、オリエント時計さんのサイトにて60周年を記念したプレゼント企画があり、それに応募したということ。
 いくつかある景品の中で、人数が多いということもあって応募したのが「オリエント★物語」という書籍。
 これは、オリエント時計の歴史、名作・迷作(?)な腕時計、関係者の紹介などがコンパクトな新書サイズにまとめられてます。しかもオールカラー!

 ……実はこの本が発売されてすぐに買っていたのですけどね。
 まさか当たるとは思っていなかったのと、早く読みたい一心で買ったわけでした。
 結果的にはダブってしまったわけですが、嬉しいものです。
 
 ところで封筒には私の住所と名前が当然書かれているわけですが、これがどう見てもプリンタから直接印刷したとしか思えません。しかも割と大きなスペース(笑)。
 普通なら、宛名シールにでも印刷してそれを封筒に貼り付けるのでしょうけど、封筒に印刷されたと思しき住所と宛名(しかも大きめの文字)を見て「さすがオリエント時計だな~」と妙な関心をしたものです。
 そう思ったのは、個性的なデザインのスリースターシリーズを出していることと無縁ではないでしょう。

 ポストにはもう一通封筒が入っていて、こちらは6月に発売された真田一輝先生の単行本2冊(「落花流水」5巻と「執事少女とお嬢様」1巻)の応募券と指定された額の無記名小為替を送ることでもらえる小冊子。
 
 こちらは2作品のキャラの初期設定含めたラフイラスト(及び作者の簡単な解説)、コラボマンガ、4名のゲスト(門瀬粗先生、真未たつや先生、ととねみぎ先生、ざら先生)によるイラスト・マンガが収録されたもの。
 全体的におおむね満足できる内容でしたが、ゲスト4名のうち一番面白いと思ったのは、ざら先生が春香と真冬先生を描いたもの。
 きらら本誌でのリレーエッセイ企画、「My Private D☆V」のパロディというのが秀逸です。真冬先生のスパッツ姿が色々とヤバイです。「次回はさいとうたか●先生」って……(笑)。
 ところで回数の数字は何か意味があるのかな?(私には分からず、でした)

 本当は写真も載せたかったのですが、撮る気力まではありませんでした。ごめんなさい。

(【次回予告】:コミティア93で買っていいなと思った本の感想を書くかも! 期待はしないで! いろいろと!)

お買い物メモ(その2)

 2009-03-26
 本日は好きな作品の単行本の発売日(全部まんがタイムKRコミックスですが)でしたので、何作品か買って参りました。
 『ちびでびっ!』3巻(寺本薫先生)は、これが最終巻ということで、発売されるのが楽しみでもあり寂しくもあり。
 巻頭の描き下ろしマンガはほのぼの、しみじみするもので、カバー下のマンガはこの作品らしい感じです。
 カバー折り返しの4コマは笑いましたが……(笑)。頑張れ凛子さん。
 (とらのあなで買ったらペーパーが付いてきました)

 『落花流水』4巻(真田一輝先生)ですが、巻頭の描き下ろしマンガはコメディテイスト溢れるもので笑わせていただきました(3巻はハートフルストーリーでしたね)。
 あと扉絵の水夏さんの姿にグッと来たり(ぇ?
 (ゲーマーズで買ったらペーパーが付きました)

 『かなめも』2巻(石見翔子先生)も買いました。この前1巻が出たばかりのような気がしますが……早いものですね。
 こちらも巻頭の描き下ろしマンガはサービス満点だったり笑わせてもらったり。
 かなちゃん白スク水ですから(笑)。
 カバー下は……何でしょう、このシリアスだけど、どこか可笑しいパラレルワールド的な内容は。続きが読みたいです(笑)。
 (ゲーマーズで買ったらペーパーが付きました~。とらでも付くみたいですね。)

 さて、明日は『奥さまはアイドル』3巻(師走冬子先生)の発売日です。
 師走先生のブログによると、とらのあなで買うとペーパーが付くとのことです。
 でもとらのあなのサイトには、その情報が無いのが疑問ですけど(単に私が見落としているだけかも)。
(今は載ってますね。
師走冬子先生作「奥さまはアイドル」3巻と東屋めめ先生作「リコーダーとランドセル」1巻が同時発売☆描き下ろしメッセージペーパープレゼント♪

お買い物メモ

 2009-03-13
 買いましたよー。『Rehct~レヒト~』3巻と『トランジスタティーセット~電気街路図~』1巻。
 終ってしまったお話とこれから始まるお話と対照的な単行本ではありますが、どちらも好きな作品なので気にしません。

 ごく簡単に読んで感じた事など。
 『レヒト』は最後までカイとアリスの絆を描ききった点にもしみじみとしたのですが、シオンとルルーの絆の深さがテーマの回も大好きなのです。
 本編の合間の息抜き的描き下ろし4コマ&イラストに笑い、カバー下の作者のエッセイ風味マンガに笑ったり驚愕したり。本当にお疲れ様でした。

(感想はこちらにhttp://rapton.blog103.fc2.com/blog-entry-301.html

 『トラティー』は書き込まれた背景にも目がいってしまいますね。
 もちろんメインキャラも充分に魅力的ですが。個人的には雪子さんが大好きです! ってメインキャラじゃないですが。黒髪ロング&セーラー服には勝てません。
 その雪子さんが出てくるお話も収録されているのが嬉しいですねー。この回(2回分)のお話が好きなものでして。じいさんストイック。
 第5話の冒頭も好きですね。サービス満点過ぎですから。どうサービス満点なのかは単行本を買ってご覧下さい(宣伝)。

(感想はこちらにhttp://rapton.blog103.fc2.com/blog-entry-302.html

 帰りに寄った喫茶店で待ちきれずに読んだのですが、微妙に恥ずかしかったのはここだけの話です。

愉快でシュール

 2009-01-11
ケータイロボ
 シュールで吹きました(笑)。
 休むことなくポーズを決めたりしていました。
 時折子どもが近づいて、親が写真を撮る場面もありました。
 それをしばらくの間見ていた私。

 ついジュース(味は同じでパッケの違う2本)を買ってしまいました。
 シールをもらいました。
グレープ味
シール

日記

 2009-01-09
 昨年の8月から10月にかけて、荒井チェリー先生の単行本が毎月発売されまして、それと連動したキャンペーン(というのでしょうか)が行われていました。
 それは、『ハッピーとれいるず!』(8月発売)『ワンダフルデイズ』3巻(9月発売)『三者三葉』6巻(10月発売)の帯に付いている応募券を揃えて送ると、抽選で500名に「ポスター付き豪華オリジナル冊子『CHERRhythm』(ちぇリズム)」が当たるというものです。

 抽選で500名なら余裕でもらえるはず、と思っていたのですが、「まんがタイムきららWeb」の編集部日記(2008年12月17日)では「応募総数が、プレゼントの数より遥かに上回ったため、予定通り抽選とさせていただきました。」とあったのでした。
 実際の応募総数は知るよしもありませんが、無事届いたので嬉しい限りです。
 ハガキの空いたスペースに、短くではありましたが、感想を書いたのが良かった……のかな?
 書こうが書くまいが関係ないかもしれませんが……。

 応募したけどまだ届いていない方のために内容などは書きません。
 が、内容とは関係なく、少し驚いた事が。
 冊子が入っていた封筒には差出人が書かれていませんでした(笑)。
 あと、普通なら「当選おめでとうございます」の旨を書いた添え状(?)が付いてくるものですけど、それも無かったのでした。
 ビニールに入った賞品のみ、という潔さ。発送速度を上げるためなのか、経費削減なのか、地球に優しくと考えたのかは不明ですけど、賞品の中身が非常に楽しめるものなのでそんなことは些細な事です。

 何はともあれ嬉しい事です。ありがとうございます~! 

 (以下ちょっと文字色を変えます~)
 話は変わり、前日の話になりますけど、寺本薫先生の日記を拝見していたら、冬コミにて先生に差し入れとしてお渡しした「なとりのチェダーチーズ入りかまぼこ」の画像が載っていて驚くやら面白いやら(すみません……)。
 あと、私の名前も書かれていて、嬉しいやら恥ずかしいやら、恐縮するやら。
 本当にありがとうございましたー!

年末年始の間に

 2009-01-06
 この年末年始は実家に戻って、じっくりまったりとした時間を過ごしていました。
 充実していたのかな……。

 冬コミにて手に入れた本を読んでもいましたが、置いてきたままのギターを弾いていた時間のほうが長かったです。
 正確には弾けるようになろうと練習していた、です。
 まだまだ弾けるレベルではありません。レパートリー皆無だし。
 いつかこのギターに、好きな作家さんたちのサイン&イラストを描いてもらうのが夢なんだ……。

 あとは「ブラックジャック」(文庫版を1~17巻まで)を久々に読み返したり。
 やはり1巻が一番好きです。
 自分の信念を曲げない、冷淡に見えて人情に厚い、以外に質素な生活など惚れますね。憧れますね。格好いいですね。

 急に日記めいたことも書くのは、書きたいからです(単純)。
 書きすぎてスリリングな気分を味わうのもまた一興。ま、嘘なんですけどね。

珍しく普通の日記っぽい感じで

 2008-12-09
 (期間限定予定日記)
 今まで少しずつ書いていたりした分もありますが、今日珍しくまとまった時間が取れたので一気に何冊かの雑誌の感想を書き上げました。
 でもまだ書きたいけど書いていないのも……今日きららの1月号も発売されたというのですが。
 そして次に書けるのは早くても土曜日あたり? その日はラブリーの発売日!
 気がつけば単行本の感想もしばらく書いてないですし……。面白いと思ったものがありますからねー。
 
 世間ではいろいろあったり騒がしかったりしますが、私はあまりそうした流れについてゆけてないので、どうしたものやらと思ってます。
 「GA」アニメ化? とか「ひだまりスケッチ」がDSでゲーム化とか「けいおん!」アニメ化とか異識先生のサイン会があるとか言われていますが、やはりついてゆけてなかったりします。話題が偏っているのは気のせいです。

 最近は動画サイト(ほとんどYouTubeですが)でライブ映像を見たりしていますが、詳しくない私は映像のソースはどこからだろうと気になってしまいます。
 商品化されているものもあるのでしょうが、そうでないとすると個人がテレビを録画したものとか、ブートレグとかでしょうか。
 今日の気分で言えば、スティービー・ワンダーが「セサミ・ストリート」に出演した時の演奏を聴きまくってました。
 子ども番組(ですよね?)で「Superstition」(めっちゃファンキー!)は本気すぎるでしょう(笑)。さすがアメリカ、奥が深いです。
 私が何歳かは聞かないで下さい。いい歳ですから。絶対に聞いてはいけません。泣きますから。私が。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 古い記事へ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。